柔軟な発想ができるようになる「水平思考」について

スポンサーリンク

多様な視点から見ていく水平思考法とは?

 

『水平思考』とは、問題解決のために既成の理論や概念にとらわれずアイデアを生み出していく思考法です。エドワード・デ・ボノという人が1967年頃に提唱した思考法で、「論理的思考」とは対極の位置にあります。

 

このデ・ボノという人は、従来の論理的思考や分析的思考を「垂直思考」として、論理を深めるためには有効である一方で、斬新な発想は生まれにくいと考えています。これに対して水平思考とは、多様な視点から物事を見ることで、直感的な発想を生み出す思考法であると考えられています。

 

つまり水平思考を持つと、とっても思考が柔軟になるというわけです♪

 

水平思考を持つコツは?

水平思考は誰もが身につけることができる思考法ではあるのですが、従来の学校教育等での培ってきた思考の癖(論理的思考法)によって、身につけるのは中々簡単ではありません。水平思考を持つには4つのコツがあります。

 

解決する目的をハッキリさせる

前提を疑ってみる

視点をスライドさせる

アイデアを組み合わせてみる

 

この中でもとくに重要なのが、「視点をスライドさせる」ということです。つまり視点を一点からではなく、様々な所から見るということです。しかし中々、多様な視点から物事を見るのは容易ではありません。

 

なぜなら人は成長や経験と共に先入観がついていきます。しかも先入観は、年と共に強くなっていき、また消し去る事も出来ません。先入観が強ければ強いほど、「視点をずらしてみる」「前提を覆してみる」という事が難しくなっていきます。

 

水平思考法を習得するには、まず先入観を柔軟にする事が必要となっていきます。

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

思考とはどういう事なのだろう?
思考するという事はどういうことなのでしょうか?思考ということについてまとめています。
物事を効率的に考える「論理的思考」
論理的思考とは、主張(結論)に対し、違和感のない根拠を示し相手を納得させることが出来る能力です。論理的思考を身に付ける事で、仕事などで有利に持っていくことが出来ます。
必要でもあり妨げにもなる「固定観念と先入観」
固定観念や先入観とは自身の思考や行動を制限してしまう厄介なものですが、消し去る事は出来ません。ではどういう風にしたらよいのか?という事についてまとめています。
ピンチをチャンスに変える「大逆転思考法」
時として突然ピンチな状態に陥る事があります。その時、ピンチをチャンスだと考え良い方向へ流れていく大逆転思考法についてまとめています。
2つの意識「潜在意識と顕在意識」
全ての人間が持つ2つの意識である、「潜在意識と顕在意識」についてまとめています。
精神論・根性論の必要性
日本の教育において精神論・根性論というのは切っても切れない思考です。この精神論・根性論については昔から賛否が分かれていますが、改めてここでも考察してみました。
いじめをする側の思考について考察
イジメをする側の思考とは、いったいどのような思考状態となっているのかという事について考察してみました。
いじめられる側の思考について考察
いじめられる側の思考状態や特徴などが、どのようになっているのか考察してみました。
集団心理という思考はどのようなものなのか
集団心理とはどのような思考状態なのかという事について考察してみました。
金持ち思考と貧乏思考
世の中にはお金持ちな人と貧乏な人がいますが、このような格差になってしまう決定的な原因は思考の違いです。金持ち思考と貧乏思考についてまとめてみました。
収集癖を持つ人の思考
収集癖のある人いわゆるコレクターとも言いますが、なぜ集めていくのかという思考(心理)についてまとめています。
最小の時間で最大の成果を出す「エッセンシャル思考」
モノ・ゴトの必要か必要ないかを判断し、効率的にかつ最短で結果を出す事が出来るエッセンシャル思考について、まとめています。
直感力を大事にする意識
何かを閃いたり、ポッと思いついたりする事を直感といいますが、この直感力をもっと大事に意識すると良い流れを作っていくきっかけとなります。