最小の時間で最大の成果を出す「エッセンシャル思考」

スポンサーリンク

エッセンシャル思考とは何だろう

 

エッセンシャル思考』というのを聞いたことはありますか?
このエッセンシャル思考は一体どんな思考なのかというと、「最小の労力で最大の成果を生むため考え方」です。

 

どういう事なのかというと、多くの人達(非エッセンシャル思考)は、大多数のモノ・ゴトが重要だと考えていますが、エッセンシャル思考の人は大多数のモノ・ゴトが不要だと考えているんです。

 

 

多くの人達は思い込み思考に縛られている

 

仕事でやるべきことも多く常に忙しく働いているのに、成果が出ないという人がいます。このような人は「やらなくては」とか「どれも大事」とか「全部できる」などの思い込み思考を常に持っています。

 

この思い込み思考のせいで、何でもかんでも抱え込みすぎた状態で仕事をするので、当然効率も悪く、結果的に全てが中途半端となっているんです。

 

エッセンシャル思考では上記のような思い込みを変換していきます。
例えば「やらなくては」⇒「やる」、「どれも大事」⇒「どれも大事なわけではない」、「全部できる」⇒「全部はやらない」というように変換していき、自分にとって本当に大事なものを見極め、それ以外を容赦なく切り捨てることによって、圧倒的な成果を最小限の労力で達成できるのです。

 

エッセンシャル思考とはいわば「思考の断捨離」です。目標を明確にして、不要なものは全て捨て去り、最短確実に目標を達成していくためのの思考法といえます。

 

必要不要を見極めるには自分の本質を定めること

 

時に何かを選ぶ場合、何かを捨てなければいけません。その際にどれが自分にとって重要なものなのかを見極めなければいけません。この考え方は「トレードオフ」という考え方なのですが、この判断というのは非常に難しいものです。

 

非エッセンシャル思考の人はトレードオフが必要な状況になったとき、「どうすれば両方できるだろうか?」と考えてしまいます。なぜならどちらも捨てがたいような状況の場合が多いからです。また多くの人は何かを頼まれた時、中々「ノー」とは言えません。「ノー」というとその後の関係性に、ヒビが入ってしまうかもと恐れているからです。

 

このような事から何でも捨てきれずに抱え込んでしまい、結果的に自分を苦しめる事になるわけです。しかし必要か必要ではないかという見極めは、自分が最終的にどう進みたいかあるいは生きたいかという本質を定める事にあります。

 

「どうすればあれもこれもできる?」ではなく、「なにに全力を注ぐか」という部分にこだわりそこに集中する事です。

 

つまり自分の中で一番大切な事を決めると、そのための行動が解りやすく整理されていく為、必要か必要じゃないかの決断もしやすくなるんです。

 

エッセンシャル思考は全てに応用できる

 

この思考法は仕事に限らず、私生活においてもまた夢を実現したい人においても、全てにおいて応用できる思考法です。人は価値観・思考に従って行動・判断をするので、夢を実現したり成功するためには、価値観・思考から変えることが重要です。

 

毎日色々とやることがあって忙しいのに、どうも成果に繋がっている気がしない、前進している感じがしないという方は、エッセンシャル思考を取り入れてみると、未来が開けてくるかもしれません。

 

「エッセンシャル思考」
↓↓

 

エッセンシャル思考について、分かりやすく詳しく書かれている書籍です。
興味のある方はご参考までにm(__)m

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

思考とはどういう事なのだろう?
思考するという事はどういうことなのでしょうか?思考ということについてまとめています。
柔軟な発想ができるようになる「水平思考」
物事を様々な角度から見る事によって、柔軟な発想ができるようになる水平思考法ということについて解説しています。
物事を効率的に考える「論理的思考」
論理的思考とは、主張(結論)に対し、違和感のない根拠を示し相手を納得させることが出来る能力です。論理的思考を身に付ける事で、仕事などで有利に持っていくことが出来ます。
必要でもあり妨げにもなる「固定観念と先入観」
固定観念や先入観とは自身の思考や行動を制限してしまう厄介なものですが、消し去る事は出来ません。ではどういう風にしたらよいのか?という事についてまとめています。
ピンチをチャンスに変える「大逆転思考法」
時として突然ピンチな状態に陥る事があります。その時、ピンチをチャンスだと考え良い方向へ流れていく大逆転思考法についてまとめています。
2つの意識「潜在意識と顕在意識」
全ての人間が持つ2つの意識である、「潜在意識と顕在意識」についてまとめています。
精神論・根性論の必要性
日本の教育において精神論・根性論というのは切っても切れない思考です。この精神論・根性論については昔から賛否が分かれていますが、改めてここでも考察してみました。
いじめをする側の思考について考察
イジメをする側の思考とは、いったいどのような思考状態となっているのかという事について考察してみました。
いじめられる側の思考について考察
いじめられる側の思考状態や特徴などが、どのようになっているのか考察してみました。
集団心理という思考はどのようなものなのか
集団心理とはどのような思考状態なのかという事について考察してみました。
金持ち思考と貧乏思考
世の中にはお金持ちな人と貧乏な人がいますが、このような格差になってしまう決定的な原因は思考の違いです。金持ち思考と貧乏思考についてまとめてみました。
収集癖を持つ人の思考
収集癖のある人いわゆるコレクターとも言いますが、なぜ集めていくのかという思考(心理)についてまとめています。
直感力を大事にする意識
何かを閃いたり、ポッと思いついたりする事を直感といいますが、この直感力をもっと大事に意識すると良い流れを作っていくきっかけとなります。