金持ち思考と貧乏思考について

スポンサーリンク

金持ち思考と貧乏思考というのは本当にある

 

世の中には『お金持ちの人、貧乏の人』とがいますが、この両者の違いは一体なんなのでしょう。生まれ持った運でしょうか?それとも家柄や育った環境でしょうか?

 

生まれた時に家柄が金持ちか貧乏かでは差はありますが、生まれながらにして金持ちではない人も世の中にはたくさんいます。そういう人達がお金持ちになったのは、自身で運を強くして金運を呼び込んでいるからなんです。

 

運というのは良くも悪くも自分自身で強化できるんです。

 

世の中には金運がアップする思考というのがあり、別名「金持ち思考」ともいいます。お金持ちの人や成功している人は、この金持ち思考を持っており、自身で金運を常にアップさせています。

 

逆にお金が貯まらない人や、お金で苦労している人というのは「貧乏思考」です。この思考でいる限り、いつまでも貧乏から抜け出せないままとなっています。

 

もし今現在あなたが貧乏だったとしても、「金持ち思考」へ切り替えることが出来たなら、間違いなく成功への道が見えて来るでしょう。

 

 

金持ち思考と貧乏思考の特徴

金持ち思考と貧乏思考の特徴についていくつかまとめてみました。

 

知ったかぶりをする人?しない人?

 

知ったかぶりというのは、時に誰でもしてしまう事ではありますが、特に貧乏思考の人に多くありがちです。知ったかぶりをすることで結局何もかもわからないままとなり、知識を増やすことができず多くのチャンスも逃してしまいます。

 

金持ち思考の人というのは、知らないことは素直に質問して自分のものにすることができ、多くのことを吸収するチャンスを数多く得られるのが金持ち思考の特徴です。また金持ちや貧乏に限らず、知らないことを知らないと言える事は大事な事です。

 

お金の事を考えて行動している?口だけでしていない?

 

お金持ちになるなる為の第一歩は、四六時中、徹底的にお金の事を考える事です。
貧乏人は「お金が欲しい!」と口では言いますが、実際にお金の事を考えたりその為の行動を起こす事をしていません。お金持ちの人は現時点でお金持ちであっても、自身の商売のことやお金儲けのことなど、徹底的にお金の事を考え続けています。

 

お金に対して感情的?理性的?

 

貧乏な人や普通の人というのは、お金の事となるとすぐ不安を抱いたり、カッとなったりと感情的になりますが、これは大きな損失であるといえます。
お金持ちの人は、お金に対して理性的に捉えていて、お金の流れや損得を冷静に見ています。ですから金儲けのチャンスなども見逃したりしません。お金に対して冷静に理性的である方が、お金と上手に付き合っていけます。

 

お金を稼ぐことに罪悪感ある?ない?

 

多くの人はお金持ちになりたいと思っているのに、お金を稼ぐことや大金を持つ事に対して「利己益は良くない事だ」など、何かしらの罪悪感を抱いています。
しかしお金持ちの人は、お金を稼ぐ事に何ら罪悪感を抱いていません。お金を稼ぐ事は当たり前であり、お金持ちになる事でその分、社会に貢献できると考えています。

 

自分の力でお金持ちになりたいと思っている?思っていない?

 

お金持ちの人は自分で商売を考えたり投資をしたりと、自分自身で財産を築こうとしていますが、普通の人は自分で何とかしようと考えるより、宝くじなどに夢を見る他力本願な人が多いです。

 

お金持ちの人に対して嫉妬している?憧れている?

 

あなたはお金持ちのセレブ生活に対して、どういうイメージをもっていますか?素直に憧れて「自分も絶対そうなりたい!」と思えるのか、「今に悪い事が起きる」などと嫉妬をギラつかせているのか・・・。

 

嫉妬心はマイナス思考の表れであり、悪循環の流れを作ってしまいます。嫉妬していては絶対にお金持ちにはなれません。素直に憧れて「自分も成功する」という気持ちは、ポジティブであり良い流れを作っていきます。

 

貯金が好き過ぎるのは良くない

 

貯金は悪い事ではないですし大事な事だと思います。でも過剰になって貯めるばかりでいるとお金の流れも悪くなり、増やせるチャンスがあっても逃してしまいます。

 

お金は循環させることでどんどん増えていく習性があるので、時には大胆にお金を使う事も出来る思考が必要です。そのためにはお金の正しい使い方をしっかりと勉強する事が重要です。

 

お金持ちになる為に学歴は関係ない

 

高学歴だからといってお金を稼げるわけではありません。たくさん資格を持っているからといって裕福とは限りません。学歴がなくてもお金持ちの人はたくさんいます。
お金持ちは難しい事を考えているというよりも、自分の持てる知識を活かして、尚且つ常に実戦経験を積んでどんどん豊かになっていきます。

 

目標は高い?低い?

 

普通の人は手の届きそうなくらいの目標設定をします。もちろんその方がすぐに達成できるでしょうし、精神的な面においても良いかもしれませんが、低いままだとそれ以上の結果は望めません。お金持ちの人は常に高い目標を設定し、そこに向かってどんどん進んでいく強い意志があります。

 

ムダ使いしている?していない?

 

ムダ使いの基準というのは人によって感覚が違いますが、常に流行モノを追い求めたり、安いからといって必要のないものを買ったりするのはただのムダ使いです。
流行は追い求めてもキリがないモノですし、安く購入できても使わなければ意味がありません。

 

日々向上心を持って学んでいる?学んでいない?

 

普通の人は安月給で働いて小さな楽しみを満喫してそこで満足してしまっています。しかしそこに向上心はなく、これでは一生お金持ちにはなれません。お金持ちの人は現時点の状況に満足することなく、常に様々な情報を仕入れて学んでおり、お金儲けに生かそうとしています。

 

過去に囚われている?囚われていない?

 

現状が辛い時だと悲観的になり、ついつい過去の良かった思い出に浸りたくもなりますが、しかしそこでいつまでも止まってしまうと、お金持ちどころか人生も良くなっていきません。過去は過去、現在は現在と割り切って、しっかりと未来を見据えて目標を持ち行動していくことがお金持ちの人の特徴です。

 

金持ち思考と貧乏思考のまとめ

 

金持ち思考と貧乏思考の特徴については、まだまだごく一部ではありますが、どれにも共通点があります。それはお金に対して貪欲なのか、またポジティブなのかネガティブなのかという事です。

 

お金を稼ぐことやたくさん持っている事は、何一つ悪い事はなく非常に素晴らしい事です。むしろお金が無い事の方が自身の精神衛生上でも悪く、またお金が無い事で周囲に対しても様々な迷惑をかける場合もあったりと、良くない事の方が多いです。

 

ですからお金を稼ぐことや、たくさん持つことに臆することなく、もっと貪欲にお金の事ばかり考えてまた行動していきましょう。お金持ちになれるか貧乏なのかは結局、自分の考え方と行動次第なんですね。

 

各項目の内容とは関係なく、金運アップに効果があるといわれる画像をたくさん貼ってみました♪
ぜひあなたにも強力な金運が訪れますように・・・。

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

思考とはどういう事なのだろう?
思考するという事はどういうことなのでしょうか?思考ということについてまとめています。
柔軟な発想ができるようになる「水平思考」
物事を様々な角度から見る事によって、柔軟な発想ができるようになる水平思考法ということについて解説しています。
物事を効率的に考える「論理的思考」
論理的思考とは、主張(結論)に対し、違和感のない根拠を示し相手を納得させることが出来る能力です。論理的思考を身に付ける事で、仕事などで有利に持っていくことが出来ます。
必要でもあり妨げにもなる「固定観念と先入観」
固定観念や先入観とは自身の思考や行動を制限してしまう厄介なものですが、消し去る事は出来ません。ではどういう風にしたらよいのか?という事についてまとめています。
ピンチをチャンスに変える「大逆転思考法」
時として突然ピンチな状態に陥る事があります。その時、ピンチをチャンスだと考え良い方向へ流れていく大逆転思考法についてまとめています。
2つの意識「潜在意識と顕在意識」
全ての人間が持つ2つの意識である、「潜在意識と顕在意識」についてまとめています。
精神論・根性論の必要性
日本の教育において精神論・根性論というのは切っても切れない思考です。この精神論・根性論については昔から賛否が分かれていますが、改めてここでも考察してみました。
いじめをする側の思考について考察
イジメをする側の思考とは、いったいどのような思考状態となっているのかという事について考察してみました。
いじめられる側の思考について考察
いじめられる側の思考状態や特徴などが、どのようになっているのか考察してみました。
集団心理という思考はどのようなものなのか
集団心理とはどのような思考状態なのかという事について考察してみました。
収集癖を持つ人の思考
収集癖のある人いわゆるコレクターとも言いますが、なぜ集めていくのかという思考(心理)についてまとめています。
最小の時間で最大の成果を出す「エッセンシャル思考」
モノ・ゴトの必要か必要ないかを判断し、効率的にかつ最短で結果を出す事が出来るエッセンシャル思考について、まとめています。
直感力を大事にする意識
何かを閃いたり、ポッと思いついたりする事を直感といいますが、この直感力をもっと大事に意識すると良い流れを作っていくきっかけとなります。