思考とはどういう事なのだろう?

スポンサーリンク

思考とはどういう事なの?

 

『思考』というのは、考えや思い、空想など、様々な事柄を思い浮かべる事であり、また何らかの事柄において結論を導き出して、そこへ到達しようとする方法などを模索する、「精神の活動」と定義されており、私たち人間は、日々休むことなく様々な思考を続けています。

 

この思考をしないようにする為には、心を空にする特別な修練を積む必要がありますが、それでも完全に空にする事は出来ません。完全に心を空にする事は不可能であり、「完全に空にする」それはすなわち「」という事になります。

 

現在、科学や医学などが発達しているにもかかわらず、脳の働きに関する事は未だ100%解明されていません。ですので思考するという行動原理も、実は正しくは説明はできていないのです。しかし思考をして、思考したことを実際に行動していくことで、実現するという未知の力があるからこそ今日があるのです。

 

人間の思考の不思議

脳のある動物は、なんらかの思考をする事が出来ますが、「考えること、感じること、願うこと、夢見ること、意図すること」など、これらを思考しながら生きる生物は、人間にだけ備わっている力であり、また全て現実にする力を持っています。

 

これは『創造の原理』といわれており、今日まで人間が文明を発展させる事ができた理由なのですが、なぜこのような能力が備わっているのかは、未だ解明はされていません。

 

『創造の原理』では普段人が考えたこと、想像したこと、言葉にしたことなどの思考自体に大きなエネルギーを持っており、このエネルギーはこれから起こるべくしている事に対し待機している状態とされています。そして実際に思考通りの行動をする事で、現実化するためにそのエネルギーも動いていきます。

 

この全てが不思議な状態である事を解明できないまま、人類は歴史を歩んでいるわけですが、説明のできない大きくて不思議な力を人間は持っているのです。

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

柔軟な発想ができるようになる「水平思考」
物事を様々な角度から見る事によって、柔軟な発想ができるようになる水平思考法ということについて解説しています。
物事を効率的に考える「論理的思考」
論理的思考とは、主張(結論)に対し、違和感のない根拠を示し相手を納得させることが出来る能力です。論理的思考を身に付ける事で、仕事などで有利に持っていくことが出来ます。
必要でもあり妨げにもなる「固定観念と先入観」
固定観念や先入観とは自身の思考や行動を制限してしまう厄介なものですが、消し去る事は出来ません。ではどういう風にしたらよいのか?という事についてまとめています。
ピンチをチャンスに変える「大逆転思考法」
時として突然ピンチな状態に陥る事があります。その時、ピンチをチャンスだと考え良い方向へ流れていく大逆転思考法についてまとめています。
2つの意識「潜在意識と顕在意識」
全ての人間が持つ2つの意識である、「潜在意識と顕在意識」についてまとめています。
精神論・根性論の必要性
日本の教育において精神論・根性論というのは切っても切れない思考です。この精神論・根性論については昔から賛否が分かれていますが、改めてここでも考察してみました。
いじめをする側の思考について考察
イジメをする側の思考とは、いったいどのような思考状態となっているのかという事について考察してみました。
いじめられる側の思考について考察
いじめられる側の思考状態や特徴などが、どのようになっているのか考察してみました。
集団心理という思考はどのようなものなのか
集団心理とはどのような思考状態なのかという事について考察してみました。
金持ち思考と貧乏思考
世の中にはお金持ちな人と貧乏な人がいますが、このような格差になってしまう決定的な原因は思考の違いです。金持ち思考と貧乏思考についてまとめてみました。
収集癖を持つ人の思考
収集癖のある人いわゆるコレクターとも言いますが、なぜ集めていくのかという思考(心理)についてまとめています。
最小の時間で最大の成果を出す「エッセンシャル思考」
モノ・ゴトの必要か必要ないかを判断し、効率的にかつ最短で結果を出す事が出来るエッセンシャル思考について、まとめています。
直感力を大事にする意識
何かを閃いたり、ポッと思いついたりする事を直感といいますが、この直感力をもっと大事に意識すると良い流れを作っていくきっかけとなります。