人間の様々な思考や観念、意識

スポンサーリンク

様々な思考や観念

 

人は常に様々な思考・観念・意識を持っており、人間である以上、切っても切れないものであるのですが、時として自分の行動を制限してしまう事もあります。
ここでは様々な思考や観念、意識などについてまとめています。

 

思考とは?

考えることであり、またその考えの事。哲学的には、意志・感覚・感情・直観などと区別される人間の知的作用の総称で、物事の表象を分析して整理し、結合して新たな表象を得ること。また概念・判断・推理の作用による合理的・抽象的な形式とされています。心理学では、感覚や表象の内容を概念化・判断をして、推理する心の働きや機能の事をいいます。

 

観念とは?

物事に対してもつ考え。あきらめて状況を受け入れること。覚悟すること。哲学的には、人間が意識の対象についてもつ、主観的な像や表象。心理学的には、具体的なものがなくても、それについて心に残る印象。仏語としても使われており、真理や仏・浄土などに心を集中して観察し思念すること。または観想。

 

意識とは?

一般的には、「起きている状態にあること(覚醒)」または、「自分の今ある状態や、周囲の状況などを正確に認識できている状態のこと」を指していますが、しかし実際には、哲学、心理学、生物学、医学、宗教、日常会話などあらゆる場面で様々な意味で用いられています。

 


 

スポンサーリンク

様々な思考や観念、意識記事一覧

思考,どういう事,創造の原理

『思考』というのは、考えや思い、空想など、様々な事柄を思い浮かべる事であり、また何らかの事柄において結論を導き出して、そこへ到達しようとする方法などを模索する、「精神の活動」と定義されており、私たち人間は、日々休むことなく様々な思考を続けています。この思考をしないようにする為には、心を空にする特別な修練を積む必要がありますが、それでも完全に空にする事は出来ません。完全に心を空にする事は不可能であり...

水平思考,柔軟な発想,視点,垂直思考

『水平思考』とは、問題解決のために既成の理論や概念にとらわれずアイデアを生み出していく思考法です。エドワード・デ・ボノという人が1967年頃に提唱した思考法で、「論理的思考」とは対極の位置にあります。このデ・ボノという人は、従来の論理的思考や分析的思考を「垂直思考」として、論理を深めるためには有効である一方で、斬新な発想は生まれにくいと考えています。これに対して水平思考とは、多様な視点から物事を見...

論理的思考,相手を納得させる,仕事,議論

『論理的思考(ロジカルシンキングともいう)』とは、人間の思考様式の一つで、行動的・直観的思考や水平思考とは対極に位置しています。論理というのは、考えや議論などを進めていく筋道。また思考や論証の組み立てをしていく形式であり法則です。一貫していて筋が通っている考え方であり、あるいはその考えの説明の仕方を出来るという事です。解りやすく言うと、難しい理論で相手を論破するための思考ではなく、難しいものを単純...

固定観念,先入観,視野が狭い,頑固,自己防衛

人は何かの考えや観念を持つとき、その考えが明らかにおかしい場合であっても、他の人がその事に対して説明や説得を行っても、当人がその考えを訂正せずその考えを主張しようとする思考を『固定観念』と言います。また人は直接対象となるものに出会う以前に、他者の言葉、メディア、書物などから得た情報を元にその対象に対して、勝手にイメージをして把握していきます。当然、直接に本物と接しているわけではない為、不十分な認識...

ピンチ,チャンス,大逆転思考,クレーム

普段何気なく生活をしていても、時に突然「ピンチ」に陥る事ってありますよね。ピンチというのは大概何らかの「自分のミス」で起こる事がほとんどです。多くの人はなるべく、このピンチにならないように回避していこうとしていますが、全てを未然に防ぐのは無理な事です。ピンチというのは「もう逃げ場がない」「もうダメだ」と感じて、絶望のあまり目の前が真っ暗になってしまったり、助けも呼べないような状況の事を言いますが、...

潜在意識,顕在意識,潜在能力,火事場の馬鹿力

人間には2つの意識があると言われています。一つは『顕在意識(表面意識)』といい、もう一つは『潜在意識(無意識)』です。顕在意識(表面意識)とは?私達が普段、意識することのできる意識のことで、論理的な思考・理性・知性・意思・決断力を指します。決意したり判断したり選択する心の領域でもあり、望ましいこと望ましくないことを識別する能力を持っており、また悩んだり不安になったりという願望を持ったりします。「買...

精神論,根性論,必要,必要ない

『精神論』や『根性論』とは、「人間の精神力は高ければ高いほど、物質的な劣勢を跳ね返せる」と定義されており、苦難に屈しない精神=根性があれば、どんな問題でも解決でき、またはどんな目標にも到達できるとされており、人間の限界を引き上げるものとする考え方のもと、家庭や義務教育などで受け継がれてきています。日本では根性論の方でよく言われており、スポーツやビジネスなど様々な分野において、現在でも用いられている...

イジメ,いじめをする人,思考,加害者

人はなぜ他人をイジメるのでしょうか?イジメは他人ごとではありません。子供でも大人でも関係なく、誰もがいつでもイジメの加害者や被害者になります。イジメは小学校の高学年くらいから、段々と悪知恵もついていくので、内容も非常にタチが悪くなっていくのが特徴です。そもそもイジメる思考というのは、いったいどういう風になっているのでしょう。「いじめられる側の気持ちを考える」とはよく言いますが、逆に「虐めた側の気持...

イジメられる人,思考,いじめの背景

なぜいじめられるのでしょうか?イジメというのは、何の原因も無いのにもかかわらずイジメられる場合、いじめられる側にもなんらかの原因がある場合があります。ですからまったく他人事ではありません。子供であろうと大人であろうと、男であろうと女であろうと、誰もがいつでも加害者や被害者に、なりうる可能性があるのです。よくいじめた側に「いじめられる側の気持ちになって考えよう」と言いますが、いじめられる側の「嫌だ、...

集団心理,思考,いじめ,メリット,デメリット

集団心理とは、どのような心理状態なのでしょうか?集団心理とは群集心理とも言い、大勢の人が集まり群衆となる事で、個々人が特殊な心理状態となる事で、集団心理が作用すると群衆の結束感(チームワーク)が高まりとてつもなく大きな力となります。良い方向に作用すればとても頼もしいのですが、悪い方向に作用してしまうと大きな問題に発展していきます。集団心理はどこの国においても、教育という現場で巧みに刷り込まれていき...

金持ち思考,貧乏思考,違い,金運アップ

世の中には『お金持ちの人、貧乏の人』とがいますが、この両者の違いは一体なんなのでしょう。生まれ持った運でしょうか?それとも家柄や育った環境でしょうか?生まれた時に家柄が金持ちか貧乏かでは差はありますが、生まれながらにして金持ちではない人も世の中にはたくさんいます。そういう人達がお金持ちになったのは、自身で運を強くして金運を呼び込んでいるからなんです。運というのは良くも悪くも自分自身で強化できるんで...

収集癖,コレクター,心理,思考

『収集癖』を持っている人というのは、実は多く存在します。収集癖というと良いイメージを持ちませんが、カッコよく英語で言うとコレクター(収集家)ともいいます。この収集癖は年齢や性別に関係なく、誰でも多少なりとも持ち合わせています。男女比で見てみると、女性よりも男性の方が多いです。収集癖のあるいわゆるコレクターは、アンティークものや宝石、といった価値のあるコレクションから、おもちゃや映画グッズ、果てには...

『エッセンシャル思考』というのを聞いたことはありますか?このエッセンシャル思考は一体どんな思考なのかというと、「最小の労力で最大の成果を生むため考え方」です。どういう事なのかというと、多くの人達(非エッセンシャル思考)は、大多数のモノ・ゴトが重要だと考えていますが、エッセンシャル思考の人は大多数のモノ・ゴトが不要だと考えているんです。スポンサーリンク夢を実現するための『プラス思考トレーニング』潜在...

「直感」とは、理由や根拠はイマイチ説明できないけれど、何だかとにかくそう思う事であったりや、ふと心に浮かぶことです。直感は誰にでも経験があるとおもいますが、「なぜ、そう思うのか」の理由が無いわけですから、それを信じたり、ましてやそれを行動に移す事などは、意外に少ないのではないでしょうか。直感はよく「心で閃くもの」などと言われたりもしますが、直感は潜在意識が働いたことによるものです。そして「直感」と...