論理的に伝えていく為の考え方と方法

スポンサーリンク

相手に論理的に伝えていく為の訓練

 

論理的に考えていくという事で重要なのは、「問題・課題」を上げ、その問題を解決するための「根拠」を示し、現状との「分析」をして「結論」を導き出していきます。しかしこれらの事を、脳内で論理的に考える事が出来ていても、それらを論理的に伝えられない人は多いのです。

 

そもそも「論理的思考」は、日本人には慣れ親しんだ思考ではありません。更にそれを伝えるというのも同じように難しいのです。ここでは論理的に伝えていく為の考え方や方法について、ご紹介していきます。

 

 

二元論で考えていく

 

相手に対して論理的に伝えていく上で、効果を上げるのが「二元論」です。

 

二元論とは、「物事を2つの対照的な原理によって理解する考え方」の事を言い、「善と悪」「有罪と無罪」といったように、2つに分けて考える事です。0か1で構成されるコンピュータなどのデジタルな世界や、法律は二元論で考えられています。

 

世の中には、二元論では通用しない曖昧な事がとても多いです。しかし曖昧なモノはというのは、論理的に考える上で必要な「課題・根拠・分析・結論」のいずれも出しにくいものなです。

 

ですから曖昧なモノ・ゴトを、あえて二言論で見て考えていく事で、それらが分かりやすくなり、周囲から理解を得ることができ、主体的に進めていく事も出来るようになります。

 

思考の可視化

 

論理的に伝えるための訓練で、おススメなのが「思っている事を文章に書く」という事です。思っている事を文章にしたり、絵や図に表したりすることは、思考を可視化するという方法であり、脳内のまとまらない思考を整理する効果があります。

 

しかし思っている事をメモ書き程度の文章にするだけでは、脳内はある程度スッキリとしていきますが、論理的に伝えていく為の訓練の場合には、単にメモ書きでは効果はありません。

 

論理的に考えていく場合、「問題・根拠・分析・結論」が必要なので、同じように各テーマに沿って書き出していきます。すると脳内の中では漠然な内容であったものが、具体性を帯びた内容へと変わっていきます。

 

このように思考をテーマに沿って書き出していく事により、論理の道筋が見えていき、伝えていく上でも非常に効果的な訓練となります。

 

抽象的と具体的の両方の視点で考えていく

 

物事を論理的に判断していくとき、普段の生活の中で論理的に考えなければいけない時には、「具体化・抽象化」のどちらか片一方の視点だけで見ていても、ベストな判断は出来ません。

 

「具体的なものを抽象化していく」事や、「抽象的なものを具体化していく」という事をしていくのがとても重要であり、どちらにも自由に思考が行き来できるようになると、かなり論理的な展開が出来るようになります。

 

そのためには普段から、どちらにも切り替えが出来るように訓練が必要です。訓練といっても難しい事は無く、毎日のテレビや新聞のニュースで訓練になります。

 

例えば具体的な内容のニュースの場合、それを少し一般化して考えてみるだけでも抽象化している事になり、また逆に一般論や抽象的な話が出てきた時にも、具体例は何かを考えていくだけで、十分に考える訓練となります。

 

共通の文化を持たない外国人と接していく

 

共通の文化を持たない外国人と話をするだけで、論理的な思考がかなり鍛えられます。なぜなら共通認識や前提がない人に話をする時には、論理的でなければ伝わらないからです。

 

また特に西洋では、宗教に見られる「神と人間」という二元論的な世界観があり、「個」という考え方が確立しています。そのため言語も必然的に、論理的に考えるように作られており、日本語のような曖昧さはありません。

 

ですから英語で考えたり、あるいは英語で外国人と話しをするだけで、論理的な思考に馴染んでいく効果があるばかりか、論理的に伝えていく為の訓練においてもとても効果があります。

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

考えるための基本的なアプローチ
考える事が苦手な人は、苦手な事を避けようという意識が働いているので、まず「考える」というキッカケ作りを自分で始めるて行くことがポイントです。
具体的なものを抽象化する方法と考えを深める「なぜ」と方法
考えるための訓練である物事の見方を具体的から抽象化していく方法と、「なぜ」という自問から考えを深めていくという方法についてまとめています。
日常生活の中にこそ考えるためのネタがたくさんある
日常生活の中には、考えるためのネタがたくさんあります。何事にも好奇心を持って観察していくだけで、様々な考えが浮かぶようになります。
論理的に考えていく為の考え方
論理的に考えていくという事は、独りよがりな事ではなく、他人が理解できるようになるための考え方です。ここでは論理的な考え方が出来るようになるための、考え方を紹介しています。
考える事の質を上げる為には集中力を鍛えていく
考えても答えが出ない事や、違う事を考えてしまうという事はよくあります。これは集中力がないためです。考える質を上げるには集中力を高めていくのがベストな方法です。ここでは集中力を高めていく方法についてまとめています。
考えるよりも考えをやめて決断する方が遥かにパワーがいる
考え続けていく事は大事ですが、考えをやめ決断をし行動をしていく事の方がはるかに重要です。しかし多くの人は中々決断ができません。ここでは考える事をやめるという事について解説しています。
想像力を高めていくための方法
想像力を高めていく事は考えていく為の訓練となり、想像力が高まれば考えていく力も比例して高まっていきます。ここでは想像力を高めていく為の方法について紹介しています。