スポンサーリンク

あなたの思考は夢に向かって正しい方向を向いていますか?

 

自分の夢や願望、理想を叶えようと、必死に頑張っている人はたくさんいます。でもやる事はやっているのに、いつまでも思ったようにいかない、望んだ結果が出ない、目標が達成できないと、悩んでいる人も同じようにたくさんいます。

 

いつまでたっても結果が出ないと、「努力が足りないんだ」「行動が足りないんだ」「プラス思考にならなくちゃ」などと、自分を責め立ててしまう事もあります。しかし自分を責めても解決する事は無く、ますます悪化するだけです。

 

夢を実現できる人と実現できない人には、心の内にある「感情」に大きな違いがあります。感情の違いについてまとめていました。

 

 

上手くいかないのは「できない」と思っているから

 

目標に向かって頑張っていても、上手くいかない時があります。しかしそんな時に、あなた自身の感情を変えていく事で、状態は変化していきます。

 

上手くいかない多くの人は、常に潜在意識で「できない」という感情を持っています。その「できない」という感情は、マイナスパワーが非常に強く、全ての行動を阻害してしまいます。つまり潜在意識に「できない」という感情がある限り、いつまで経ってもできないままとなり、そこにどれだけ上っ面なプラス思考をかぶせても意味が無いわけです。

 

そんな状態で、「努力が足りない」「行動が足りない」「プラス思考にならなくちゃ」などと考えれば考えるほど、マイナスパワーはどんどん大きくなり、ますますできなくなります。ですから本当の意味で潜在意識を変えていくには、「自分のマイナスを隠さず受け入れていくという事から始める」事がとても重要なんです。

 

<関連記事>
・ポジティブとネガティブを受け入れる理想の思考「バランス思考」
・夢や願望を実現するための「プラス思考トレーニング」

 

3億円の宝くじの話から学ぶ思考法

 

夢や願望があるのに、行動をしない人というのがいます。あなたの周りにもいるかもしれませんし、あなた自身がそうなのかもしれません。

 

そんな人達を「行動力が無い」「意志が弱い」「やる気が無い」などという人もいますが、それは大きな間違いです。行動が出来ない最大の理由は、思考そのものが間違っているからなのです。

 

それでは次に有名な「3億円の宝くじ」のお話を質問形式で出してみますので、ちょっと考えてみてください。

 

 

質問1 3億円の宝くじが当たりました!交換しに行きますか?

あなたに「3億円の宝くじ」が当たりました。しかしよく見ると、その宝くじの当選金の引き換えは今日まで。明日になるとただの紙切れとなります。

 

しかしその日に限って、外は大型の台風で吹き荒れ、歩くのも困難な状態です。さてあなたは「3億円の宝くじ」を交換しに行きますか?

 

この質問をすると、98%の人が「イエス」と答えます。あなたはどうでしょうか?では次の質問を見てください。

 

質問2 交換に向かう途中でトラブル発生

激しい雨風の台風の中、車を走らせていると、宝くじを現金に換えてくれる銀行が、200メートル先まで見えてきました。ところがそこで突然、車が故障してしまいました。

 

外は非常に危険な状態。しかしゴールはあと200メートルほど。宝くじを持っていけば3億円が手に入ります。さてあなたはどうしますか?

 

ちなみに先ほど問1で「イエス」と答えた98%の人達は、ここでも全員諦めずに「車から降りて歩いて宝くじを取り換えに行く」と答えています。それでは次の質問です。

 

質問3 残り50メートルほどでケガをしてしまった

車から降りて歩いて銀行に向かっていると、さしていた傘は吹き飛ばされていき、また色々なものが飛んできて非常に危険な状態です。しかもその時あなたは、道でつまずき転んで、足をねん挫してしまいました。でもそこから残り50メートル先には銀行が見えています。

 

さてあなたはそこで諦めずに3億円の宝くじを取り換えに銀行へ向かいますか?それとも諦めますか?

 

ここでもほとんど全員が「あと50メートルなら、片足を引きずりながらでも宝くじを取り換えに行く」と答えます。あなたもきっとそうではないでしょうか?次が最後の質問となります。

 

質問4 やっとたどり着いた時の心境は?

あなたは足をねん挫して歩くのも辛い状況です。しかし3億円の現金と引き換えができる銀行はもう目の前です。銀行までたどり着ければ、あなたの銀行口座には、3億円が確実に振り込まれます。その時の事を想像している、あなたの心の中はどう感じているのでしょうか?嬉しいのでしょうか?悲しいのでしょうか?

 

この最後の質問をすると、全員が「嬉しい」と答えます。なぜなら全員の頭の中には、通帳に8ケタも並んだ数字が明確に浮かんでいるからです。

 

 

多くの人は目標に向かって行動を起こす事が出来る

これらの質問を受けている時、あなたは実際に頭の中でイメージして行動をしていませんでしたか?そして様々なアクシデントがあったにもかかわらず、その行動に苦痛を感じてはいなかったはずです。とにかく目の前の目標に向かって、ひたすら歩いていたのではないでしょうか。

 

頭の中でイメージしての行動ではありますが、ほとんど全ての人は、目標に向かって行動を起こす事ができ、また諦めることなく目標を達成したはずです。つまり本質的に、「行動がない人」「意志が弱い人」「やる気がない人」などいないという事になります。

 

では行動できない人は、一体何が足りないのでしょうか?

 

人が行動を起こすのに必要な3要素

 

人は行動力を発揮する時に、必要な3つの要素があります。

  • 自分がやっている事、やろうとしている事に心の底から価値を感じている。
  • 欲しいものを手に入れる明確な方法を知っている。
  • 「できない」というマイナスの感情やイメージがない。

この3つの要素が一つも欠けることなくあれば、人は欲しいものを手に入れるために、自ら行動して欲しいものを手に入れていきます。では先ほどの3億円の話を例に、3つの要素を照らし合わせてみます。

 

1つ目の要素は「金額」

そもそも、もし3億円が300円なら、恐らく誰も宝くじを引き換えにはいかないでしょう。なぜなら3億円と300円では価値が違うからです。3億円に心の底から価値を感じたから行動を起こしたのです。

 

2つ目の要素「明確な方法」

また台風の中でも3億円を取りに行けたのは、「時間内に銀行に行けば貰える」という、3億円を手に入れる為の明確な方法を知っていたからです。

 

3つ目の要素「マイナスの思い込みがない」

そして台風であったり、車が故障したり、足をねん挫したというアクシデントに対しても、諦めずに行動が出来たのは、銀行を目の前にして「自分にはできない」というマイナスの思い込みが一切なかったからです。

 

3つの要素を明確にすると行動を起こしやすくなる

人は本来、「行動力がない」「意志が弱い」「やる気が無い」「自身が無い」という事は無く、人は元々どんな困難な状況でも行動できる力を持っているんです。3つの要素が明確であればあるほど、行動も起こしやすく、結果をすぐ出せるようになります。

 

中々自分の理想を叶えられないという人は、この3つの要素のどれかが欠けている、あるいはどれも明確ではないからなんです。ですから何かと上手くいかないという人は、この3つの要素に沿って自分の目標を照らし合わせ、もう一度考えてみてはいかがでしょうか?修正していくだけで劇的に変わる事もあるんですよ。

 


 

スポンサーリンク