スポンサーリンク

引き寄せの法則の効果と本質を知ろう

 

遥か昔から地球上には『引き寄せの法則』というのがあります。

 

引き寄せの法則というのは、『本人が望む望まないに関わらず、本人が思考(願った)した事は全て実現していく』という法則です。具体的にどういうことかというと、「自分が思った事は現実に起こる」というものです。

 

人の思考というものは、それ自身(考えた事)に似たものを、引き寄せていく性質があります。例えばネガティブなことばかり考えていれば、ネガティブなことばかりが続き、またポジティブなことを考えていれば、現実もポジティブな方向に向かって行くということです。

 

このような経験は、誰もがしたことがあるはずです。つまり引き寄せの法則というのは、日常的に作用しているんです。

 

一流のアーティストやアスリート、世界を代表する起業家や世界の富裕層・・・などなど、成功している人達は皆、この引き寄せの法則を使い、願いを叶えているのは紛れもない事実です。しかし多くの人は、この引き寄せの法則を、上手く使いこなす事が出来ていません。

 

 

引き寄せの法則とは宇宙の法則

 

引き寄せの法則とは、そもそも「宇宙の法則」です。個人的な感情を汲み取ってくれるような事でもなく、またそこに善悪の判断もありません。あなたの思いをそのまま受信して、あなたの考えている事全てを還元していきます。

 

人は一日に何万という思考をしており、それらを全部コントロールするのは難しい事ですが、「感情」というのは一つの物差しになり、あなたの『良い気分=良い思考』は起こって欲しいと思ってることを引き寄せ、あなたの『悪い気分=悪い思考』は起こって欲しくないと思ってることを引き寄せていきます。

 

引き寄せの法則を上手く使いこなせない人が多い理由

 

日常的に作用している引き寄せの法則を、多くの人達は上手く使いこなせていません。それは一体どうしてなのでしょうか?

 

単純にこの法則を知らないという事もありますが、知っていたとしても「本当に願っただけで幸せになれるのならば、世の中みんな幸せな人ばかりだ」「バカバカしい話だ」などと、夢物語のようにしか思わず、信じようとはしていないからです。

 

確かにいつも、何事にも上手くいかない人にとっては、到底信じられるような事ではないと思います。しかし不幸だと感じる人達には、ある共通点があります。それは「自分が幸せになるビジョンを信じきれない」という事です。

 

幸せな人と不幸な人がいるワケ

実はほとんどの人は欲しいと思う「物・事」よりも、「欲しくないものや嫌なもの」についてばかり考えてしまっています。「毎日上手くいかないなぁ」「嫌なことばかりが次々と起こる」などと、ポジティブな事よりもネガティブな事を、考えている時間の方が多いんです。

 

また自分を不幸と思っている人ほど、日常的に当たり前となっている事に感謝していません。例えばですが、彼氏彼女がいなくても毎日ご飯を食べれて、好きなTVでも見れたらそれは幸せな事なんです。しかし毎日の事が当たり前だと感じてしまうと、それを幸せとは感じなくなります。

 

毎日の当たり前のことを感謝していくことで、自分の幸せ度数も上がり、幸せになるビジョンも信じられるようになっていきます。感謝をする対象は何でもいいんです。何かを信仰しているならその信仰へ。また親でも自分でも友人でも自然でも。あなたの幸せライフを実現するには、何事にも日頃から感謝の気持ちを持つことがスタートラインとなるんです。

 

 

思考には必ず表と裏がある

 

引き寄せの法則は思った事が、そのまま現実化されていくのですが、注意しなければならない事があります。それは思考したことの裏には「もう一つの思考」があるということです。何かを求めたり叶えたいという願望には、その「望みが叶っていない」という裏の思考が必ず存在しています。この裏の思考とは潜在意識(深層心理)の事です。

 

この潜在意識(深層心理)にある思考というのは非常にやっかいで、潜在意識で思っている事が強力だと、その思っている事をどんどん引き寄せてしまいます。

 

例えば「お金が欲しい」と願えば、その背後には「お金がない」というメッセージが隠されており、お金が欲しいという願いが強ければ強いほど、「お金がない」という深層心理も強くなっていきます。

 

この深層心理が逆転しまうと、お金が欲しいという『状態』だけを叶えてしまい、一向にお金が欲しいという願いは叶えられない状態だけが続いていき、求めれば求めるほど「欠乏の状態」を引き寄せてしまうわけです。

 

引き寄せの法則を上手に使って願いを叶えて成功していくには?

 

引き寄せの法則は、ただ自分の望みを願っていいるだけでは、いつまでたってもその願いは叶いません。先ほどもお伝えしましたが、思考には必ず表で抱いた思考と、その裏にある否定的な思考とがあるため、表の思考で抱いた願望を叶えるためには、その裏にある否定的な思考(深層心理)も書き換えて行く必要があるのです。

 

その為には「〜を叶えたいな」や「〜になりたいな」というような、曖昧で弱い願い方ではダメなんです。

 

まず『願った事は必ず叶う』という強い信念を持つことが重要です。またその願いは「もう叶っている」「近づいている」という、『すでに願いは叶っていて、それに喜びを感じている』という状態を強くイメージすることが、望みを叶える重要な鍵となるわけです。

 

このように引き寄せの法則を上手く働かせるコツは、「すでにその願いは叶っている」という強い信念とイメージを持ち、潜在意識にどんどん刷り込んでいき、そして「疑わずして信じて待つ」という事です。

 

引き寄せの法則を上手く使っていくステップ

  1. 当たり前とは思わずに今あるちょっとの幸せでも、毎日しっかりと感謝する
  2. 自分の望みを明確にし、お願いをする
  3. 「叶っている、実現できている」という強いイメージを強く持つ
  4. 願望が実現した時の嬉しい気持ちを想像し感じる
  5. 強く信じて待つ

よく引き寄せの法則は「願っただけでは叶わない、行動も必要だ」というような事が言われます。確かに「願った後は何もしない」では、何も変わらないでしょう。しかし1〜4を潜在意識に刷り込み働きかけていくことで、自然と願望に伴った行動もしていくようになります。そこまでいけば、すぐに願望は実現していきます。

 


 

スポンサーリンク