チャンスを逃し人生をムダにしていく思考と習慣

スポンサーリンク

チャンスをどんどん逃がしていく人の共通する習慣

 

幸運を掴む為の「チャンス」というのは、確かに存在します。このチャンスというのは、決まった形ではなく様々な形で、突然目の前に現れます。ですからそれがチャンスなのかどうか、わからない場合も多々あるのです。

 

でも成功してきた人達というのは、目の前に訪れたチャンスを逃がすことなく、しっかりと掴んで成功を築き挙げています。

 

上手くいかないという多くの人は、「チャンスなのかどうか」という事を気づかない人もいれば、「チャンスかもしれない」と思いつつも、勇気が出せなくてチャンスを逃がしてしまうという人ばかりです。チャンスをしっかりと掴むためには、以下の習慣と決別する必要があります。

 

 

「明日やろう」と先延ばしをする人にはチャンスは訪れない

 

誰だって「いつかやろう」や「明日にしよう」という事を思ったり、実際にそうしたりしたという経験はあると思います。急な用事や体調不良などで、「明日にしよう」という事であれば仕方がありません。

 

しかし特に何でもないのに「明日やろう」と、いつも言ってしまうような人は、そのやろうとしている事を「一生やらない可能性」が、非常に高いばかりか、チャンスを掴む事すらできません。

 

「明日やろう」は自分に対する言いわけ

「明日やろう」「明日から本気を出そう」などと言うのは、あくまでも自分に対しての言い訳です。もしかしたら本気で言っている事なのかもしれませんが、しかし裏を返せば、「今はやらなくていい事。また後で。」というのを、潜在意識に常に言い聞かせているようなものです。これではその「いつか」というのは永遠に来ることはありません。

 

今日を頑張れる人がチャンスをものにする

「明日やろう」や「今度やろう」と思う事のほとんどは、実はその日のうちにできる事ばかりです。面倒がって先延ばしにしていると、どんどん心にも余裕がなくなっていきます。そんな時に突然、目の前にチャンスが来ても対応出来なくて、結局せっかくのチャンスをムダにしてしまう事になります。

 

「明日頑張ろう」ではなく、今日を頑張れる人が、チャンスをしっかりと掴んで成功できるんです。「今日」か「明日」の違いではありますが、この思考回路の差が、成功者と成功しない人との圧倒的な差を生んでいくのです。

 

チャンスを逃し続ける「ちょっと待って」という習慣

 

ある事を「やるかやらないか」という決断に迫られた時に、「ちょっと待ってください」や「検討します」などと言って、決断を延ばしたり断ってしまうといった経験はありませんか?

 

判断をする為の必要な情報が足りなくて、「情報がわかれば決断ができる」という事なら分かりますが、しかし多くの人は単純に決断するのが「怖い」、つまり「本人の勇気や覚悟が足りていない」故に、先延ばしにしたり断ってしまったりしています。

 

もちろん時には熟慮する事も大切ですし、軽はずみに「何でもかんでもやる」という判断もよくありませんが、チャンスというのは躊躇している間に、どんどん逃げていくものです。

 

保留したり断ったばっかりに、大きな成功へのチャンスを逃してしまう事も多々あります。成功する人というのは躊躇はせず、それがチャンスなのかどうなのかという事を本能的に判断をしていきます。

 

「決断できない」は自分で責任を取れない甘ちゃん

決断をする事ができないという人は、言い換えると、自分で自分の責任を取る事ができないという事です。つまりは単なる「甘ちゃん」です。

 

このような人は、自分に責任がかかりそうなことは何でも避けていき、とにかく無難に過ごそうとしていくので、知らず知らずのうちにチャンスを失い続けていきます。ですから自分が望んでいる夢にいつまでも、たどり着くことができません。

 

失敗なのかは決断をしてみないと分からない

多くの人は、やる前から失敗することを想定して恐れています。これは非常に無駄な労力と言えます。また失敗を回避するという考えから、「決断をしない」という選択肢を取る人もいますが、「決断しない」ということ自体が、失敗しているという事もよくあるのです。

 

いずれにしても、大きな成功の素となるのか、失敗の素となるのかは、「やる」という決断をしてみない事にはわからないのです。

 

まだ「手にしていないチャンス」というのは、見えているわけではありません。ですからそれ自体を失っても痛みは感じません。しかし本質的には1億円を失う事と、1億円を得られるチャンスを失う事は同じ事であり、実はそれだけ損をしている事になります。その事に気づいて決断していかないと、貴重なチャンスを永遠に失い続けていく事になります。

 

幸運のためのチャンスというのは、突然訪れます。躊躇している間にどんどん遠ざかっていきます。断固たる決意で迅速に行動する事が求められている場合に、不必要にグズグズするような人には、一生幸運を手にする事はでいないのです。

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

お金持ちは自分で創り出す思考を持っている
お金持ち思考の人というのは、雇われ発想ではなく自分でアイディアを出しスキルを磨き、価値を提供していくという発想を持っています。
お金持ちや成功者はとても人間関係を大事にしている
人間関係というのは、お金持ちに限らず大事にするべき事ですが、成功者やお金持ちの人は特に人間関係を大事にしているようです。その秘訣は・・・
成功者は積極的に環境を大きく変えていく
成功者やお金持ちは、自分や自分の環境などを変えたいと思った時、躊躇せず大きく変えていきます。その結果、とても良い方向へ流れていきます。
成功思考の人は物事の判断を「やりたいかやりたくないか」で決める
成功思考の人は、何かの誘いや案件などがあった場合、お金の有る無しよりも「やりたいか、やりたくないか」で判断していきます。その方が大きな成功を掴めるからです。
成功思考の人は、浪費はせず自己投資への優先順位が高い
自己投資というのは、お金の事だけではありません。自分の時間や体力、思考などを将来性のあることに使うのも自己投資の一つです。しかし多くの人は自己投資ではなく浪費になっています。
成功する近道は成功者の成功法則をマネしていくこと
お金持ちや成功者、成功思考の人というのは、人の成功した方法や法則など全てを同じように実践し、自身も成功の道へと進んでいます。
成功する近道は「本当に好きな事をやる」という事
成功思考の人やすでに成功している人達というのは、自己投資において嫌いな事はやらず、好きな事に自己投資をします。それが最短で成果を出す秘訣だからです。
成功したければ自分なりのこだわりをしっかりと持つこと
成功を手にしたりお金持ちになりたければ、そのための努力ももちろん必要ですが、成功したければ「こだわり」も必要となってきます。
「どうせ無理だから」という言葉に負けないための考え方
「どうせ無理だ」という言葉は、自分自身にも相手に対しても、簡単に夢を諦めさせてしまうとても強力な言葉です。そんな言葉に心を折られないためには・・・。
自身のより良い成長が成功の近道となる
成功を収めるには自身の成長は必要不可欠な事です。しかし、がむしゃらにやっていても大きな成長は望めません。成長を高めていくには、どんな事に気をつけていけばいいのかをまとめています。
「好き」が夢になって、やがて形になるまでの一工夫
夢や憧れの原点は「好き」ということ。この「好き」を大事に育てて形になるまでの、ちょっとした一工夫を知れば、成功は近くなります。
成功の壁となる間違った思考は早くに正していこう
夢の実現や成功を収めるためには、正しい道を進む思考が必要なのですが、それとはかけ離れた思考を持っている人達が多いようです。