スポンサーリンク

成功の秘訣はマネをすることだ

 

誰でも自分にとって、憧れの人や見習いたい人などがいると思います。特に子供の頃というのは、憧れのスポーツ選手等がいた、という人も多いのではないでしょうか。

 

そういった子供の頃に強い憧れを持った場合、自分も憧れの人のようになりたいと思って、その人と同じ練習や恰好をしたりと、あれこれと考えず純粋に「良い!」と感じて真似をしていきます。しかし大人になってからはどうでしょうか?

 

大人になっても、憧れの人というのはいます。実際にそういうキーマンと出会うことだってあります。でも多くの人はマネをせず、せっかくのチャンスを無駄にします。

 

 

貧乏思考は話半分、行動半分

 

「自分はお金持ちになりたい」、「起業して成功の道を歩みたい」という気持ちがある人はたくさんいます。そして様々なセミナーや講演会に参加したりします。

 

しかし多くの人は、「うん、うん!」と話を聞いていますが、心の中では「この話は中々参考になったな。でも自分とこの人とでは環境も違うから、全てを取り組むわけにはいかないな」と、参考程度にしか話を聴いていません。

 

確かにまったく業界の異なる人である場合や、環境面での違いがあれば、そのような事もあるかもしれませんが、「自分のなりたい姿」を体現している人からの助言を、自己解釈を混ぜて過小評価してしまっては、本来得られるはずの情報も半減以下となってしまいます。その結果、その後の自身の行動も宙ぶらりんのままとなります。

 

また直接アドバイスをくれるような場面において、このような姿勢であっては、二度とアドバイスは貰えないでしょう。

 

成功思考の人は話の全てを聞く努力をし、またすぐに行動をする

 

成功思考の人というのは、セミナーや講演会、又は直接のアドバイスを受けた場合、「凄いなぁ!これが成功者の秘訣か、自分も早速実践してみよう!」と素直に思い、すぐに成功者の道すじを行動していきます。

 

また成功思考の人は、「自分の成長のために勉強をする」という強い意志を持っているので、話し手やアドバイスをくれる人の話を、100%聞こうという努力をしています。更に素直な気持ちで話を聞くので、そこに自分のこだわりや解釈を挟む事はしません。ですから純粋に成功者のマネをしていきます。

 

このような成功思考の人は、その相手の全てを学びたいと思っているので、「どうやったのか」「どういう思いでやっているのか」「キッカケは?」「学んだことは?」など、質問をする事がいくらでも出てきます。

 

 

成功した人達の道は地味で面倒な事が多い

 

成功者の多くの人達に共通している事は、大抵の場合、『面倒くさい(わざとひと手間かけている)』という、プロセスを経ている事が多いです。

 

話を聞いていても、すぐに実践するのは面倒だったり、リスクが大きかったりすることもあり、いざやるとなると、躊躇してしまう人が多いのも事実です。

 

しかしそこで「楽をしたい」という不純な動機で、せっかくのチャンスを無駄にしてしまうのは、非常にもったいない話です。

 

成功の秘訣は素直に半人前である事を自覚すること

 

成功したいという気持ちがあるのなら、まずは成功者の話は疑わない事です。そして自分自身がまだ半人前なのですから、自分の考えた事には、ほぼなんの価値もない事をしっかりと自覚する事が大事です。

 

最初の段階から、相手の助言を断片的に活かすという行為や、自分のこだわりだけを全面に出したりするのは、ほぼ失敗します。まずは成功者の法則をしっかりと学び実践していく事が重要です。

 

成功の秘訣って教えてもらえるの?

ちなみに「人ってそんな簡単に成功の秘訣を教えてくれるものなの?」と思う方も少なくありませんが、わりと教えてくれるんです。

 

でもその為には、あなたがどれだけ相手を尊敬しているかという熱意や、相手の気持ちを最大限に盛り立てるという努力は必要となります。

 


 

スポンサーリンク