自身のより良い成長が成功の近道となる

スポンサーリンク

自分の成長に必要な考え方

 

どんな事においても「成功」を収めるには、自身の成長が必要不可欠です。しかしここで誤解をしてはいけないのは、「先に成長をしてからじゃないと成功できない」という事ではなく、成功までのプロセスの中で、一緒に成長していく事が、とても重要だという事です。

 

その際に単にプロセスを一生懸命やるのではなく、自分の成長につながる様々な事にアンテナを張り、そこに意識を向けて積極的に取り組んでいく事が、大きく成長できるかのポイントとなります。

 

自分の成長具合によっては、成功できる確率が変わるだけではなく、成功した場合に本当の意味での成功となるのか、あるいは一時的なもので終わってしまうのか、また成功後の流など、様々な事が強く影響していきます。

 

 

「失敗」は大きく成長するための最も重要な経験

 

「失敗したらどうするんだ」と言われて躊躇してしまい、途中で諦めてしまう人がいます。このような人は自身の成長も成功も望め無いでしょう。

 

人が大きく成長していくには、自分の能力ではできない範囲に手を伸ばしていく努力と、また「失敗」という経験が必要不可欠となります。

 

そして失敗を経験し乗り越える事が出来れば、それまでの経験値を何倍にも何十倍にも上げてくれます。しかし失敗に恐怖を感じてしまったり、「ダメだ」と思った瞬間に、失敗の暗黒面に落ちてしまい、せっかくの成長もストップしてしまうという、一面も持ち合わせています。

 

そんな失敗の暗黒面に落ちてしまわないようにするためには、「失敗はするもんだ」という覚悟を持ち、失敗に対しての過剰な意識(恐怖や恥じらいなど)を極力無くしていく必要があります。そして勇気をもって挑戦していきましょう。またもし失敗しても「じゃあ次はどうしようかな」という風に、楽観的に考えていきましょう。

 

子供に「失敗したらどうするんだ」は言わない方がいい

よく子供の時から「失敗をしたらどうするんだ」と言われてきた人は、「失敗」は良くない事、恥じるべき事という風に刷り込まれてきているため、大人になって自分の能力に見合った、失敗をしない程度の事しかやっていきません。そのため、自分を高めていく成長もしていきません。

 

子供が大きくなっていくにつれ、子供のためを思って「失敗をさせない」ようにと、教育していく親や教師がいますが、それは子供の成長を止めてしまう行為なので、今すぐにやめるべきです。赤ちゃんがハイハイから立って歩こうとする時、「危ないから」と注意をしたり、やめさせたリする親などいませんよね。

 

「わかりません」はそのうち思考停止になる

 

「わかりません」という言葉を使わない人はい無いでしょう。「わかりません」というのは、その場から上手く逃れる事ができる、とても便利な言葉だと思います。しかし「わかりません」にばかり頼っていると、そのうち考えられない人となってしまいます。「わからない」というのは、単に現在の状態を表す言葉でしかありません。

 

実は私たちは多くの場合において、その都度、思考をしているつもりになっているだけで、単に現在の状況を確認しているだけの事の方が多いのです。ですから安易に「わからない」と答えるのは、なにも考えていないという証拠なのです。

 

思考停止にならないためにも、意識して「わからない」は言わないようにしていきましょう。

 

楽をするとどんどんダメになる

 

人間は基本的に「楽」になる為に、文明を発達させてきたといっても過言ではありません。「楽」を求めるための「苦」は、そのプロセスにおいて大きな成果を生みますが、ただ楽をしているだけの状態は、次第に無能になっていきます。

 

今の世の中は、すぐに楽が出来る状態です。ですから安易に「楽」を選ぶこともできます。しかし豊かに生きて行きたいと願うのであれば、「楽」を選ばずに敢えて困難に道に立ち向かい、自分に負荷をかけるべきです。

 

人間はできない事や大変な経験をするからこそ、それらを乗り越えていく為に、たくさん考えて、色々な思考が出来るようになり、色々な事が実現できるようになるのです。そしてそれが豊かになる為の糧となるのです。

 

他人と自分を比べてクヨクヨするのは無意味な事

 

全ての人間は同じではありません。だれでも得手不得手があり、また持っている能力の違いというものがあるので、当然そこに差というものも生まれます。でもその事を分かっていても、人は自分よりも優れていると思う人と自分を比べて、自分は劣っていると悲観的に考えてしまいます。

 

しかし自分と他人を比べて、悲観的になるのは非常に無意味な事です。それを続けていくと劣等感が高まり、肯定感はどんどん小さくなり、精神状態を不安定にしていきます。また逆に自分より劣っていると思う人と比較をして、優越感に浸るのもダメです。なぜなら自分以下を作り上げる最低人間になってしまうからです。

 

自分の能力を増やす事に思考し時間を使う方が賢い

大切な事は、現在の自分の能力を他人と比較する事ではなく、現在の自分の能力を、より増やす事に時間を使っていく方が賢い事であり、そしてそれが自身を、一回りも二回りも大きく成長させます。

 

「努力」とは意識して行うものではない

 

「夢を叶えるため」「成功するため」など、目標を実現するために「努力」をするのは大事です。しかしあまり「努力」という部分を意識しなくても良いと思います。
なぜなら多くの人は「努力」という事に囚われ過ぎていて、そのせいで思うような結果が出せないでいる事も、多々あるからです。

 

そもそも「努力」という言葉は非常に曖昧であり、具体性に欠けています。ですから「ここまで努力をしたら成功する」といった、基準を測る事もできません。それなのに何事においても「努力はしないとダメだ」や、成果が中々出ないと「努力が足りない」などと、全ての原因を努力に結びつけて、悩むのはおかしい事です。

 

実は「努力をしなきゃ」と思っている人ほど、その思考も行動も努力には結びつかず結果もついてきません。逆にあまり「努力」という事にこだわらずに行動している人の方が、気づいたらそれが努力になっていて、その結果もしっかりとついてきています。つまり本来「努力」とは、意識して行う事ではないのかもしれません。

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

お金持ちは自分で創り出す思考を持っている
お金持ち思考の人というのは、雇われ発想ではなく自分でアイディアを出しスキルを磨き、価値を提供していくという発想を持っています。
お金持ちや成功者はとても人間関係を大事にしている
人間関係というのは、お金持ちに限らず大事にするべき事ですが、成功者やお金持ちの人は特に人間関係を大事にしているようです。その秘訣は・・・
成功者は積極的に環境を大きく変えていく
成功者やお金持ちは、自分や自分の環境などを変えたいと思った時、躊躇せず大きく変えていきます。その結果、とても良い方向へ流れていきます。
成功思考の人は物事の判断を「やりたいかやりたくないか」で決める
成功思考の人は、何かの誘いや案件などがあった場合、お金の有る無しよりも「やりたいか、やりたくないか」で判断していきます。その方が大きな成功を掴めるからです。
成功思考の人は、浪費はせず自己投資への優先順位が高い
自己投資というのは、お金の事だけではありません。自分の時間や体力、思考などを将来性のあることに使うのも自己投資の一つです。しかし多くの人は自己投資ではなく浪費になっています。
成功する近道は成功者の成功法則をマネしていくこと
お金持ちや成功者、成功思考の人というのは、人の成功した方法や法則など全てを同じように実践し、自身も成功の道へと進んでいます。
成功する近道は「本当に好きな事をやる」という事
成功思考の人やすでに成功している人達というのは、自己投資において嫌いな事はやらず、好きな事に自己投資をします。それが最短で成果を出す秘訣だからです。
成功したければ自分なりのこだわりをしっかりと持つこと
成功を手にしたりお金持ちになりたければ、そのための努力ももちろん必要ですが、成功したければ「こだわり」も必要となってきます。
チャンスを逃し人生をムダにしていく思考と習慣
誰でも当たり前のようにしているある行動が、チャンスをどんどん逃がしているという事があります。チャンスを逃がす行動とは決別をして、幸運を掴み取りましょう。
「どうせ無理だから」という言葉に負けないための考え方
「どうせ無理だ」という言葉は、自分自身にも相手に対しても、簡単に夢を諦めさせてしまうとても強力な言葉です。そんな言葉に心を折られないためには・・・。
「好き」が夢になって、やがて形になるまでの一工夫
夢や憧れの原点は「好き」ということ。この「好き」を大事に育てて形になるまでの、ちょっとした一工夫を知れば、成功は近くなります。
成功の壁となる間違った思考は早くに正していこう
夢の実現や成功を収めるためには、正しい道を進む思考が必要なのですが、それとはかけ離れた思考を持っている人達が多いようです。