お金持ちは自分で創り出す思考を持っている

スポンサーリンク

日本人はお金や働き方に対するメンタルブロックがかかり過ぎ!

 

日本では、安定して裕福な生活を送る為には、「一流大学に入って大企業に就職、もしくは医者や弁護士になるなどのエリートコースに乗る事」という考え方が未だに根強く残っています。これは決して間違った考えではないですし、このレールに乗って成功した人もいる事は紛れもない事実です。でもこのレールはほんの一握りであり、大半の人達というのは、中小以下の就職先を見つけて就職していきます。

 

これは日本の一般的な光景なのですが、しかしここにお金持ちになれない大きな落とし穴があるのです。

 

日本は学業を終えたら、「どこかに就職をしてお金を稼いでいく」というのが当たり前になっており、教育課程においても「学校を卒業したら就職をする」というマニュアルに沿った教育をしています。

 

しかし実際にお金を稼ぐ方法というのは、どこかに就職をしなければ、稼げないわけではないですよね。でも多くの人は、自分で何らかの行動を起こすことなく、就職の道を選んでいきますが、そこには自分で行動を起こせない理由があるんです。

 

 

自分で稼ぐという行動を起こさない理由

 

日本人は特に「お金」や「稼ぎ方」に関して、強くメンタルブロックがかかっている傾向があります。どういったメンタルブロックがかかっているのでしょう。

 

深層心理に植え付けられた就職マインド

多くの人が自分で行動を起こさない一番の理由に「学校を卒業したら就職するマインド」というのが深層心理に植え付けられているためです。

 

10年以上も教育課程において、「就職する事が生活を安定させる事であり社会人である」みたいなことを言われ続ければ、それはもう洗脳された思考となり、自分で何かをするという気持ちも抑制され、そのような状態で自分から行動を起こすのが困難となっているためです。

 

やる前から諦めている思考

「起業してお金を稼ぐことは選ばれた人にしかできない」、だから「自分には無理だ、お前には無理だ」という思考を持っている人がたくさんいます。

 

なぜこのような思考なのかというと学歴社会が原因です。「学歴が優秀=選ばれた人=成功者」というのを、誰もが思い込んでいるので、学歴がない自分には無理という諦め的な思考を抱いてしまいます。

 

日本人は教科書通りが好き

日本人はというのは、教科書(マニュアル)がとても大好きで、その通りに沿って生活や仕事をこなすのが大好きなんです。といいますか、その通りにするように教育されてきているんですね・・・(-_-;)

 

ですからマニュアルが無いと、途端に何も出来ないという人も多いんです。就職をすれば就職先のマニュアルがあり、その通りに仕事をすれば、取りあえずお金は貰えますよね。

 

守られた環境に依存している

「就職をしたら安定して一定の給料がもらえる」というのは、ある意味で守られた環境です。もちろんリストラや会社倒産のリスクが無いわけではありませんが、自分で全てのリスクをしょって始めるのとではワケが違います。日本人は保守的傾向が強く、そこから外れるような行動をあまり取ろうとはしません。

 

古い方法にいつまでも拘る

日本人というのは世代にもよりますが、新しい事を望んでいるようで実は望んでいません。いつまでも古い方法を大事にしてしまいがちです。

 

確かに古くから受け継がれている素晴らしい技術などもありますが、「古き」に強くこだわった方法では、特に今の時代では通用しない事が多々あります。やはりどんな事でも古き良きを大事にしつつ、その時代時代のニーズに合った方法も考え取り入れていくというものも必要なんです。

 

お金に対して無知である事

日本では「お金の勉強」をしません。ですからお金に対して無知なんです。私たちが普段行っているお金のやり取りは、お金についてのほんの始まり部分でしかなく、それが出来るからといって、お金の事を知っているという事には結びつきません。

 

無知であるために、お金に対する間違った誤解もかなり多く抱いています。そしてお金に対して無知である為に、お金の稼ぎ方も知らないんです。

 

自分でお金を稼ぐことが悪い事のように思っている

お金が嫌いだという人は、よっぽどお金と何かあったわけではない限り、いないと思います。みんなお金が大好きだし、のどから手が出るほどお金を欲しています。

 

しかし日本人は「お金をたくさん稼ぐことは悪い事」のように相反した考えをする傾向があります。そして「お金をたくさん持っている人は悪い事をしている」というイメージさえ抱いています。

 

多くの場合は、自分がお金持ちではないという事への屈折した嫉妬が原因です。そして大多数が「就職をして給料を貰う事が正しい働き方だ」という、間違った認識をしているのも原因です。

 

お金持ち思考の人はココが違う!

 

お金持ちの人の思考というのは、周囲に流されることなく、自分というモノをブレずに持ち合わせているので、上記のような思考はしません。常に前向きな性格で、自分で創り出そうという思考なので、どこかに就職してマニュアル通りの仕事をして、お金を貰うのではなく、「自分で様々なアイディアを考えスキルを磨き、社会に価値を与えて、お金を生み出していく」というエネルギーに満ちています。

 

そしてこういう思考が出来る人は時代の流れをよく見ており、古い価値観に縛られることなく、今の時代に合った稼ぎ方をしているので、大きな富を得る事が出来ます。

 

お金持ち思考というのは「自由な思考」であり、基本的には本来誰もが持つ思考なのですが、生まれ持った性格や育った環境によって大きく左右される事もあります。
とは言っても自分はもう無理だと悲観的にならなくても、自分が本当に変わりたいと思っているのなら、誰でもいつでも思考は変える事が出来ます。

 

要するに本人次第なわけですね。

 

ですからまずお金持ちになる為の第一歩は、今までの常識というものを見直す必要があります。そして雇われ発想や様々なメンタルブロックを外していき、自分の力でやり遂げるためのアイディアや、スキル磨きに集中する事が大事です。

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

お金持ちや成功者はとても人間関係を大事にしている
人間関係というのは、お金持ちに限らず大事にするべき事ですが、成功者やお金持ちの人は特に人間関係を大事にしているようです。その秘訣は・・・
成功者は積極的に環境を大きく変えていく
成功者やお金持ちは、自分や自分の環境などを変えたいと思った時、躊躇せず大きく変えていきます。その結果、とても良い方向へ流れていきます。
成功思考の人は物事の判断を「やりたいかやりたくないか」で決める
成功思考の人は、何かの誘いや案件などがあった場合、お金の有る無しよりも「やりたいか、やりたくないか」で判断していきます。その方が大きな成功を掴めるからです。
成功思考の人は、浪費はせず自己投資への優先順位が高い
自己投資というのは、お金の事だけではありません。自分の時間や体力、思考などを将来性のあることに使うのも自己投資の一つです。しかし多くの人は自己投資ではなく浪費になっています。
成功する近道は成功者の成功法則をマネしていくこと
お金持ちや成功者、成功思考の人というのは、人の成功した方法や法則など全てを同じように実践し、自身も成功の道へと進んでいます。
成功する近道は「本当に好きな事をやる」という事
成功思考の人やすでに成功している人達というのは、自己投資において嫌いな事はやらず、好きな事に自己投資をします。それが最短で成果を出す秘訣だからです。
成功したければ自分なりのこだわりをしっかりと持つこと
成功を手にしたりお金持ちになりたければ、そのための努力ももちろん必要ですが、成功したければ「こだわり」も必要となってきます。
チャンスを逃し人生をムダにしていく思考と習慣
誰でも当たり前のようにしているある行動が、チャンスをどんどん逃がしているという事があります。チャンスを逃がす行動とは決別をして、幸運を掴み取りましょう。
「どうせ無理だから」という言葉に負けないための考え方
「どうせ無理だ」という言葉は、自分自身にも相手に対しても、簡単に夢を諦めさせてしまうとても強力な言葉です。そんな言葉に心を折られないためには・・・。
自身のより良い成長が成功の近道となる
成功を収めるには自身の成長は必要不可欠な事です。しかし、がむしゃらにやっていても大きな成長は望めません。成長を高めていくには、どんな事に気をつけていけばいいのかをまとめています。
「好き」が夢になって、やがて形になるまでの一工夫
夢や憧れの原点は「好き」ということ。この「好き」を大事に育てて形になるまでの、ちょっとした一工夫を知れば、成功は近くなります。
成功の壁となる間違った思考は早くに正していこう
夢の実現や成功を収めるためには、正しい道を進む思考が必要なのですが、それとはかけ離れた思考を持っている人達が多いようです。