スポンサーリンク

自分と他人を比較してもしょうがない

 

自分と他人を比較する事が根底にあるものの見方は、人間関係に様々な弊害をもたらします。また自身の精神面にも良い影響を与えません。

 

 

他人の意見が気になってしまうワケ

 

他人から言われたことやどう見られているかなど、大抵の人は多少なりとも気になったりするものです。それ自体は人間であれば普通の事ですが、他人の意見が異常なまでに気になるようだと、様々な事に支障が出てきます。

 

必要以上に気にしてしまう人というのは、常に自分に自信が持てず、「人から好かれなくてはいけない」というようなルールが潜在意識の中にあります。ですから他人の意見を重視し、誰からも批判されないように、自分のしたくない事ばかりをし、本当にやりたいことをしなくなります。

 

「人から好かれたいな」と思う事と、「人から好かれなくてはならない」では大きな違いがあります。後者は認められたいという事が大前提であり、自分の行動は他人からどのように褒められたかによって意義づけするので、簡単に他人の言いなりになってしまう傾向があります。

 

また「人からどう見られているか」という事に極端に敏感のため、行動も考え方も一貫性が無く、人前でまごつきやすくなるのです。

 

「人から好かれなくてはいけない」ではなく、「人から好かれたいから人を好きになろう」と思って、人付き合いをしていくと他人の良い部分が見え始め、自分も「こうしよう」という思考になっていき、次第に自信が持てるようになります。

 

 

見かけだけで人を判断してしまうワケ

 

ほとんど知りもしない相手に、情報を取り入れようともせず、見かけだけで判断してしまうという人は意外に多いです。その後に間違いであった場合、訂正して見方を変えられるならまだ良いのですが、一点張りで自分が正しいという状態は問題です。

 

このような人は固定観念がすっかりと固まっていると言えばそれまでですが、情報を取り入れずに判断してしまうのは、潜在意識の中で不安感が高い表れでもあります。自分に楽な考えや概念によって、自分だけの世界を作りがちで、自分の殻を作って閉じこもり、自分や自分の立場脅かす外界の人達から、身を守ろうとしているのです。

 

これは自分の自我を守ろうとしている事でもあります。自分の信じたものが全てであり、それが揺らぐような情報入らず、固定観念という便利なものに頼れば済むのです。

 

固定観念の強い人は、白黒をはっきりさせたいという性格が多く、グレーの決断は存在しません。思考に柔軟性が無いため、人間関係で対立する事が多いです。

 

自分と他人を比較しないと気が済まないワケ

 

つい自分と他人を比較して悩んでしまう、あるいは優越感を味わうという事はありませんか。少なからず誰しもが経験していることですが、何かにつけ比較しているのはよくありません。

 

社会は「基準」を軸にして成り立っており、その基準に合っているかを比較して判断する事が染みついているため、人を判断する時にも比較してしまうのはしょうがない事です。しかし自分と他人の比較に良い事はほぼありません。

 

人と自分を比較する事は、「自己満足を得る」事も「自己嫌悪に浸る」事も、どちらも選んで得ることができます。しかしそれが自分の成長にとって、良いものかどうか考えればわかるはずです。自己弁護のための比較は、自分が小さい人間だと言っているようなものなのです。

 

 

誰からも分かってもらえないと思うワケ

 

「自分はもっとたくさんの事ができるのに信じてもらえない」「自分の考えを受け入れてもらえない」「自分は誰からも分かってもらえない」と、いつもこのように思い悲観的になっている人がいます。

 

しかしこのような人は、自分の思考を正確に反映出来ていないようです。つまり自分自身は意図や夢、アイディアなどによって評価されたいと思っていても、それを行動で起こしていないため、他人には本当のあなたが見えていないのです。

 

誰からも分かってもらえないと思っている人は、自分は「他の人とは違う特別な人間」だと思っている節があります。なぜなら「自分は一般の人とは違う、だから理解されにくいのだ」とこのように思えば、気が楽だからです。

 

しかしこれでは何の解決にもなりません。思考した事は外に発信していかないと、何も意味がないのです。

 

拒否されると神経過敏になってしまうワケ

 

「自分の意見や考えに、賛成してもらえないかと思うととても不安」「拒否されたらいやだから、自分からは決してアプローチしない」と、このように極端に思ってしまう人がいます。このような人は自己評価がとても低く、また物事の白黒をハッキリさせる傾向があるため、自分はダメだという思いがさらに強まります。

 

批判に対して極度に神経質となるのは、バランスのとれた解釈ができない為です。どんな事でも自分のある一面に疑問を抱くと、自己概念全体を疑うようになってしまいます。

 

また拒否をされて腹が立ってしまうのは、自分の殻に穴をあけられてしまったためです。つまり気分を害したのは、自分が認めたくなかった「本当の自分」を指摘されたことが、心の痛みとなっているからです。

 

 

自分の事を誰からも愛されていないと思うワケ

 

「自分は誰からも好かれていない、愛されていない」と思う人がいます。このような人は内では必死に愛を求めているのに、拒絶され心が傷つくのを恐れ、自分の殻に閉じこもってしまってい、かろうじて残っている自己イメージを守る事を何よりも優先しています。そうしないと生きてはいけないからです。

 

過去に拒絶され心が傷つくような経験があると、自分の殻に閉じこりアクションを起こせなくなるということがあります。また自己陶酔の一面も考えられ、自分自身の野望や興味、欲求により、心が飽和状態となり、愛が入るだけの余地がなくなっているのです。

 

いずれにしても心が不健康である状態です。ですから心を健康にしていけば、「誰からも愛されない」と思う事は無くなっていきます。心を健康にするには、ペットを飼って可愛がりましょう。ペットを飼うことは無条件の愛と与える事の喜びを、提供してくれるからです。そして自分の事をしっかりと愛する事です。自分の事を大事にしていないと、周囲の事も心から大事に出来ないからです。

 

心に愛がないと、どんなに懸命に愛を求めても、その渇きを癒してくれる人など誰もいないのです。

 


 

スポンサーリンク