夫婦関係の間で生まれる深層心理とは?

スポンサーリンク

夫婦の関係が上手くいく要因は深層心理にある!?

 

夫婦というのは元々、自然の関係ではありません。互いに努力をしていかないと、気づかないうちにその関係は崩れてしまう「はかない面」を持っています。しかし夫婦となる相手との、相性の良し悪しというのは簡単には判断できません。

 

最近では、付き合っていたころと結婚した後での違いに耐えられずに、すぐに離婚をする夫婦もいますが、相手の事よりも「とにかくもう無理」という、我慢が出来ない子供のような気持ちが先行してしまっている方もいますが、そもそも元は他人同士なのですから、長い年月をかけて良くも悪くも相手を知るのが普通なのです。

 

 

夫婦の関係には深層心理が深く作用している

 

夫婦の関係を継続していくには、双方の努力が必要なのは大前提ですが、深層心理の働き「無意識下での作用」が影響を与えている事もあります。

 

お互いの類似性に無意識に惹かれ合う

 

長い結婚生活を送っている夫婦の中には、性格や価値観ばかりでなく仕草や言葉遣い、さらには顔つきまで似ている「似たもの夫婦」と呼ばれる夫婦もいます。

 

そういった夫婦は、初対面の時でも付き合いを深めていく時でも互いに似ている要素が多く、お互いの深層心理においても無意識に惹かれあい、親密度はどんどん増していくので、似た者同士がゴールインに至るのは自然の流れとも言えます。

 

このような共通性を心理学では「類似性の要因」と言います。

 

無意識にお互いの足りないものを補い合う

 

夫婦の中には互いの弱点や異なる部分を補い合っている夫婦もいます。この場合、互いに意識しているというよりも、無意識に求めあっているという方が正解です。またこのような夫婦は端から見ると、性格も正反対で上手くいっていないようにも見える事もありますが、案外うまくいっている事の方が多いのです。

 

その他では「一方が支配的で他方が服従的な夫婦」、また「一方が援助好きで他方が援助を求めるタイプ」という組み合わせの夫婦もあり、いずれも上手くいっている事の方が多いです。

 

このように無意識下において、お互いに補い合う求め合うという事を、心理学においては「相補性の要因」と言います。

 

夫と妻の認識の違いが亀裂を生む

 

夫婦関係は時間が経過するほど、「互いに空気のような存在」という風になっていきます。一緒にいるのが当たり前となり、特にその事を意識しないが、生きていくには相手が不可欠という関係です。

 

このような関係になると言葉のやり取りは不要となり、ちょっとした表情やしぐさで互いの気持ちが通じ合うようになったりします。まさに夫婦の理想の境地なのかもしれません。しかし近年は長年連れ添った夫婦が離婚する熟年離婚や、夫が定年となったとたんに妻から離婚を迫られるという定年離婚などが非常に増えています。

 

その要因は社会的な背景から個人的なものまで様々に考えられますが、最大の原因は夫婦間のコミュニケーションのあり方に問題があります。

 

夫婦関係の亀裂は夫の思い込みが原因

 

心理学において夫婦間の関係が上手くいっていない、あるいは破綻してしまう理由に「夫が妻の気持ちを理解出来ない」「読み取れない」、また「妻が発している夫婦危機のサインに全く気付かない」などが問題として挙げられています。

 

実際多くの夫たちは、「自分たちは上手くいっている」「妻の気持ちはよく分かっている」など思っていますが、妻は全く正反対の気持ちでいる事のほうが多いのです。
「家はそんなことない」といって安堵している夫が、一番危険な状態に晒されているといって間違いないでしょう・・・。

 

夫婦の関係は理屈では語れない深い心理が作用している

 

どれだけ惹かれ合って一緒になっても、元は生まれも育ちも違う全くの他人同士。単純に時間が経過していくだけでは理解できない部分は多いのです。しかし深層心理において惹かれ合うと、その壁を乗り越える事が出来るのかもしれません。

 

長年上手くいく夫婦の関係には、恋愛時代は「お互いに向かいあっているもの」、結婚後は「同じ方向(目標)を向いて並んで歩んでいくもの」と心理が変化していくのに対応して、結婚までは類似性の要因、結婚後は相補性の要因が無意識下で作用していき、長く夫婦関係を維持しているという見方もあります。

 

夫婦の関係というのは、ただの恋愛関係にはない非常に奥深いものがありますね。

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

深層心理から見る人の癖
誰もが一つや二つ持っている癖は、一見何の意味も無いように思えますが、深い心理から表れている行動の場合もあります。深層心理から見る癖について解説しています。
深層心理に潜む異性の存在
人は誰でも深層心理に自身の対称となる異性を持っています。この深層心理における異性像は、恋愛や性癖などに大きな影響を与えます。深層心理に潜む異性について考察しています。
引きこもりの深層心理
子供から大人まで、自分を小さな穴に閉じ込めてしまうように見え、また家庭内暴力の引き金ともなりうる「引きこもり」の深層心理について考察してみました。
親の本音と建前に悩む子供の心理
日本人論ともいうべき「本音と建前」。この本音と建前に悩む子供の心理についてまとめています。
性同一性障害の中にある深層心理
近年、一般的にも認知されるようになった「性同一性障害」とはいったいどのような障害で、どのような心理なのかという事についてまとめています。
多重人格が形成される深層心理とは?
多重人格が形成されていく過程にはどのような深層心理が作用しているのかという事についてまとめています。
ストーカーに見られる深層心理とは?
迷惑極まりない行為を繰り返すストーカーは一体どのような心理にあるのか、ストーカーの心理についてまとめてみました。
同性愛へと変わる深層心理とは?
近年、社会的にも受け入れられるようになってきた同性愛。その同性愛の深層心理についてまとめています。
人の目から影響を受ける深層心理とは?
流し目で人を魅了するなど、目には人の深層心理に影響を与える力があります。人の目から影響を受ける深層心理についてまとめています。
社会で生きるために必要な深層心理の仮面
社会で生きていく上で必要ともいえる心理の仮面。でも使い方を間違えると、大きな問題を生じます。仮面をつける深層心理についてまとめています。
自殺という行動を起こす深層心理とは?
人はなぜ自殺という選択肢をするのか、深層心理の面から探ってみると意外な事が見えてきます。自殺の深層心理についてまとめています。
虐待という行動を起こす深層心理とは?
幼児虐待、児童虐待というのは年々増加傾向にあります。なぜ虐待は起こるのでしょうか?虐待が起こる深層心理についてまとめています。