親の本音と建前に悩む子供の心理

スポンサーリンク

親の本音と建前が子供を不安定にさせている

 

日本人論にある言葉として「本音と建前」というのがあります。この本音と建前とは、何がしかに対する人の感情と態度との違いを示す言葉です。
近年、日本特有ともいえる本音と建て前が大きく分離している社会となり、そして子供の心理に大きな影響を与えています。

 

その背景として挙げられるのが核家族化です。親としての先輩が身近にいなくなったせいか、子育てに不安を感じている親が多いようです。そんな子育ての悩みから子供を虐待するケースも増えています。

 

何らかの理由で自分の子供に不安や敵意を持っていたり、子育てや子供に対する自信が持てなくなっている親は、言葉と態度が相反(本音と建前)するものになる事があります。例えば口では「抱っこしてあげるからこっちへおいで」と話しかけておきながら、表情は硬く身体全体に、冷たい拒否的な雰囲気を漂わせているといった状況が挙げられます。

 

 

親の本音と建前の違いで子供は身動きが取れない状態

 

子供の感覚は非常に鋭いので、言葉の指示とは裏腹の親の心理を読み取ります。
このため子供は親の言葉通りにしようとすると、「親の気持ちに反する事になり、親の気持ちを汲んでそばに行かないと指示に逆らう事になる」といったどちらを選んでも罰せられる、あるいは親を傷つけるという事になる為、どうしていいかわからず混乱し身動きの取れない心理状態となります。

 

このように言葉と表情や態度とで相反する要請を受けて、どうしていいかわからない状況になる事をダブル・バインド(二重拘束)といいます。
そしてこれが本音と建前の矛盾です。

 

この状況に追い込まれた子供は、強い葛藤や不安を引き起こし、日常的にこのような事が繰り返し起これば、性格形成に強く影響を与えます。特に母親と子供の関係において、ダブル・バインドが繰り返し起こっていると、子供はその葛藤から逃れるために「分裂病」になる可能性が高いとも指摘されています。

 

対人関係が上手くいかない大人に育つ

 

ダブル・バインドを繰り返し経験すると「親の言葉をそのまま信用できない」という心理が生まれ、やがてそれが「他人の言葉は信用できない」へと展開していきます。
その結果、他人への信頼感が育たず、他人を信用できない性格になります。

 

信用できなければ人との感情的な交流も不可能となるので、他人を愛する事すらできなくなります。

 

親の機嫌を損ねないようにと、常に親の表情や言動に気を遣い注意を配りながら育っていく子供は、成長してからも他人の言動に必要以上に過敏になったり、嫌われることを過度に恐れたりと、常に不安定な心理状態を抱える事になります。

 

幼いころから自分の振る舞いを神経質にチェックしなくてはいけない状況で育つと、過剰な自意識を作り上げ対人関係に大きな障害を持ってしまう事があります。

 

本音と建て前は悪い事ではない

 

本音と建て前とは決して悪い事ではありません。社会生活において本音を言ってしまう事で、大きな問題となる事だってあります。そういう時には建前上な事を言って、穏便に済ますことだってあるわけです。

 

本音と建前とはそもそも社会生活において、波風を立てず平穏に過ごすための大人の知恵なわけです。だから必要不可欠なものでもあります。

 

問題なのは「本音と建前」を子供に過剰に使ってしまう事

親は子供に無意識に本音と建て前というのを使っています。例えば「外で元気に遊びなさい」と子供に言いながら、心では「事故や事件に巻き込まれないようにしてほしい」や「ケガをしないように」などを考えています。そういった心配や不安が強ければ、無意識に表情や言葉のトーンとして出てしまいます。

 

このような事は日常的にある事だと思いますが、子供との接し方において大事な事は、建前だけのことばかりを言ったり、言葉と異なる感情を露骨に出してしまったりしないような配慮が必要です。

 

仮面家庭や仮面夫婦は要注意

夫や妻の浮気に悩んでいながら、何事もないかのように繕っている家庭、互いに愛情が無いのに仲の良さを演じている「仮面夫婦」などの家庭環境は、状況そのものがダブル・バインドであり、子供には非常に悪い影響を与えています。

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

深層心理から見る人の癖
誰もが一つや二つ持っている癖は、一見何の意味も無いように思えますが、深い心理から表れている行動の場合もあります。深層心理から見る癖について解説しています。
深層心理に潜む異性の存在
人は誰でも深層心理に自身の対称となる異性を持っています。この深層心理における異性像は、恋愛や性癖などに大きな影響を与えます。深層心理に潜む異性について考察しています。
引きこもりの深層心理
子供から大人まで、自分を小さな穴に閉じ込めてしまうように見え、また家庭内暴力の引き金ともなりうる「引きこもり」の深層心理について考察してみました。
性同一性障害の中にある深層心理
近年、一般的にも認知されるようになった「性同一性障害」とはいったいどのような障害で、どのような心理なのかという事についてまとめています。
多重人格が形成される深層心理とは?
多重人格が形成されていく過程にはどのような深層心理が作用しているのかという事についてまとめています。
ストーカーに見られる深層心理とは?
迷惑極まりない行為を繰り返すストーカーは一体どのような心理にあるのか、ストーカーの心理についてまとめてみました。
夫婦関係の間で生まれる深層心理とは?
夫婦間の深層心理を知る事でケンカなども無くなるかもしれません。夫婦関係の間で生まれる双方の深層心理についてまとめています。
同性愛へと変わる深層心理とは?
近年、社会的にも受け入れられるようになってきた同性愛。その同性愛の深層心理についてまとめています。
人の目から影響を受ける深層心理とは?
流し目で人を魅了するなど、目には人の深層心理に影響を与える力があります。人の目から影響を受ける深層心理についてまとめています。
社会で生きるために必要な深層心理の仮面
社会で生きていく上で必要ともいえる心理の仮面。でも使い方を間違えると、大きな問題を生じます。仮面をつける深層心理についてまとめています。
自殺という行動を起こす深層心理とは?
人はなぜ自殺という選択肢をするのか、深層心理の面から探ってみると意外な事が見えてきます。自殺の深層心理についてまとめています。
虐待という行動を起こす深層心理とは?
幼児虐待、児童虐待というのは年々増加傾向にあります。なぜ虐待は起こるのでしょうか?虐待が起こる深層心理についてまとめています。