深層心理の世界

スポンサーリンク

深層心理の世界は深海を冒険するようなもの!

 

深層心理とは、無意識下の部分つまり「潜在意識」の中にある、人間の心理や思考、または行動の事をいいます。

 

通常、人間は意識している(できる)部分「顕在意識」と、意識していない(できない)部分「潜在意識」の両方が、何度も無数に入れ替わり行動をしているのですが、意識している部分である顕在意識よりも、無意識下である潜在意識つまり深層心理の方が、生きる上でとても重要である事が分かっています。

 

深層心理(潜在意識)は、まだまだ解明されていない事が多いのですが、深層心理を研究していく事で、心の闇や心の鍵を解き明かす事ができ、また本質を知り更なる可能性を引き出したりする事もできるといわれています。

 

ここではそんな深層心理の世界について探っています。

 


 

スポンサーリンク

深層心理の世界記事一覧

癖(くせ)というものは「爪を噛む、髪をかき上げる、頭を掻く、貧乏ゆすり」など・・・誰もが何かしらの癖を持っています。癖は本人は無意識でしている事であり、他の人に指摘などを受け、初めてその事に気づくような習慣的な動作です。この一見何の意味も無いような癖には、本当に意味がない場合もありますが、深い心理的な行動として表れている場合もあり、心理的な意味がある場合とそうでない場合を見分けるには、日頃の行動と...

人は深層心理の中に自分とは違う異性を抱え込んでいます。そしてその異性がどんなイメージなのかによって愛の行方を左右しています。古代ギリシャにおいては人間は元々男と女が一体化した一つの人間であり、それが神によって真っ二つにされたことにより男と女が生まれた。そして別れた半身と元のように合体したいという欲求が、男と女が互いに求めあう理由だという考え方があり、ギリシャ神話において両方の性を持つ「アンドロギュ...

引きこもりとは、学校や会社へ突然行かなくなって自分の部屋に閉じこもり、トイレなど最低の用事以外は自室から一歩も出ずパソコンやゲーム、本、音楽などを聴いて毎日を過ごす、また家族と話をする事も無い、食事も自室あるいは家族が寝静まった後に出てきて食べるなど、外部との接触を一切断ち自分だけの世界に入る事を一般的な引きこもりといいます。しかし学校や会社にはいかないが気分が良い時だけは外に出るケースや、自室に...

日本人論にある言葉として「本音と建前」というのがあります。この本音と建前とは、何がしかに対する人の感情と態度との違いを示す言葉です。近年、日本特有ともいえる本音と建て前が大きく分離している社会となり、そして子供の心理に大きな影響を与えています。その背景として挙げられるのが核家族化です。親としての先輩が身近にいなくなったせいか、子育てに不安を感じている親が多いようです。そんな子育ての悩みから子供を虐...

近年、一般的に認知され始めた事の一つに、性同一性障害というのがあります。人間が自分の性別を自覚する最大の根拠は、肉体的な特徴である性器の違いです。自分の性別を自覚しはじめる年頃は2〜3歳頃からといわれており、親との入浴中に性器に関心を持ち親との異同を知り、自分がどちらの性に属するかを知ります。また無意識的には、それ以前から服装や髪型、親などの周囲の接し方や働きかけなどによって、自分の性を刷り込まれ...

多重人格とはなぜ起こるのでしょうか?また誰にでも起こり得る事なのでしょうか?多重人格や二重人格は精神障害であり病気です。ですので正式な病名は「多重人格性障害」、あるいは「解離性同一性障害」といいます。多重人格を題材としたスティーブンソンの「ジキル博士とハイド氏」やヒッチコックの「サイコ」などが有名で、多重人格・二重人格は多くの人に知られていますが、実際に発病する人はごく稀だといわれています。ちなみ...

社会問題ともなっているストーカーは、相手に対し子供じみた嫌がらせ行為を繰り返し行っていきます。そして自分の意志が通らないと思うと、次第にエスカレートして行くのが特徴で、ターゲットに暴行を加えたり、最悪の場合、殺してしまったりという行為にまで及ぶこともあります。2000年11月にストーカー被害から被害者を守る為に「ストーカー規制法」が成立しましたが、その後もストーカーは減るどころか、年々増加傾向にあ...

夫婦というのは元々、自然の関係ではありません。互いに努力をしていかないと、気づかないうちにその関係は崩れてしまう「はかない面」を持っています。しかし夫婦となる相手との、相性の良し悪しというのは簡単には判断できません。最近では、付き合っていたころと結婚した後での違いに耐えられずに、すぐに離婚をする夫婦もいますが、相手の事よりも「とにかくもう無理」という、我慢が出来ない子供のような気持ちが先行してしま...

同性愛とは、自分と同性の人を性的な対象とする事です。ほんの一昔前まで同性愛者に対して、「異常なもの倒錯的なもの、あるいは治療が必要なもの」とする風潮や偏見がありました。しかし現在では同性愛者同士の結婚も法律で認められるなど、社会的にも受け入れられつつあります。昔は同性愛は、精神障害の一つとされていましたが、1970年代にアメリカで起こった「同性愛解放運動」をきっかけに、同性愛は障害ではなく個人の嗜...

人間や動物の「目の力」というのは非常に強く、見ている相手に対して心理的な影響を与えます。古くから「目の力」にまつわる話はあり、ギリシャ神話ではメデューサが有名です。また「ヘビに睨まれた蛙が動けなくなる」というのもヘビの持つ目の力の影響だとも言われています。それだけ「目の力」には不思議なものがあるとされているのですが、日本人はこの「目の力」に非常に弱い人種と言われています。スポンサーリンク夢を実現す...

子供がお祭りなどで売っているお面をつけて、そのキャラクターになりきって遊ぶ光景を見た事があると思いますし、また自分が子供の頃に経験した事もあるはずです。この子供たちと同じように、大人も仮面をつけて日々を生きています。会社にいる時には仕事用のお面、家では夫(妻)や父親(母親)といったお面、友人の前では友達のお面といった感じで、複数のお面を使い分けて生活しています。もちろん実際にお面をつけて生きている...

自殺とは、自分で命を絶つことです。どんな理由があるにしろ「自殺する事は愚かな行為」と、一般的には言われていますが、実は自殺は、「人間が本来持つ本能に従った結果」という側面も併せ持っています。現在、年間の自殺者は3万人超と言われていますが、実際はもっと多く約10万人近くいるとも言われています。この矛盾した数字には、遺書がないものは自殺とカウントされず、それ以外では変死として扱われます。また一般的に自...

近年、「泣き止まない子供に腹を立て、何度も叩いたり蹴ったりして死なせた」「何日も食べ物を与えず餓死させた」などの幼児虐待・児童虐待のニュースをよく目にします。幼児虐待・児童虐待が「悪い事」として問題視されるようになったのは、今からわずか50年ほど前の事で、以前は「躾」という括りで済まされてきていました。現在では虐待は「身体的虐待、育児放棄(ネグレクト)、心理的虐待、性的虐待」の4つに分類されており...