悪い予感のシグナルは素直に受け取ろう

スポンサーリンク

悪い予感には2つの種類がある

 

「この仕事、簡単にいかない感じがする・・・」「あの人と上手くいかないかも・・・」「何だか運気が落ちてきている気が・・・」など、人は時折このような何だか「悪い予感」をする事があります。

 

この予感には根拠というのは無く、何となくそんな気がするというわけです。

 

また中には「自分の目標をイメージしようとしても、悪い結果ばかりが浮かんでしまう」という人もいます。「こうしたい、ああしたい」と思うのに、不安材料や失敗場面ばかりが、浮かんでしまうわけです。

 

このような予感をメンタルトレーニングでは「潜在意識の知らせ」などと言っており、どんな不安材料があるのか、どんな問題が放置されているのかなど、そうした全ての情報を潜在意識が取り入れて、「今のまま進んでいくとマズいかも」というサインを送ってくれているわけです。

 

 

予感は否定をせずに素直に受け止める

 

よく悪い予感がしても「弱気になるな、もっと自信を持て」とか「気にするな」などと、自分に言い聞かせたり、人から言われたりすることがあります。

 

気にしないといったって、実際、気になるわけですから、気にしないようには出来ません。そこに必死に蓋をしようとすると、余計、気にしはじめる様になるんです。
自分自身で「上手くいかない」というイメージを植え付けて、そこに囚われて結局上手くいかず、「悪い予感は当たった」というような事になるのです。

 

ですから悪い予感がした時には、それは潜在意識からのサインなので、変に勘ぐらずに素直に受け止めればいいんです。そうする事で潜在意識は役目を終えます。

 

悪い予感に囚われやすい人の特徴

中にはいつも悪い予感ばかりに囚われている人もいますが、これは潜在意識の信号をきちんと受け取らずに、同じ回路の中に留まり続けているからです。

 

強引な人はそれにも気づかずに、突き進んで大失敗したりしますが、潜在意識が働く人は、「今度こそ気づいてくれ」と言わんばかりに、繰り返し信号がやってきます。でもそれをただマイナス思考だと思い、足がすくんでしまうので、「この目標もダメなのだ」と考えて、回路がどんどん閉ざされてしまうのです。

 

悪い予感がした時の意識の受け取り方

 

悪いイメージが浮かんだ時は、「ありがとう」と潜在意識に声をかけ、リズム呼吸して回路を切り替えましょう。

 

そして「不安材料はどこにあるのか」「どんなミスが考えられるのか」「準備を忘れている事はないか」などを、客観的に探ってみる事です。その上で目標に向けて、スタートを切り直していきましょう。

 

「これだ!」という問題が見つかれば、対処も可能です。何も見つからなくて、もリズム呼吸をする事でリズムが切り替わり、視野が狭くなった状態から、客観的な状態へと移れます。それだけで上手くいくことも多いのです。

 

メンタルがマイナスシステムの時の予感は要注意

 

悪い予感にはもう一つ種類があって、メンタルがマイナスシステムの時の予感は要注意です。これはマイナス情報を出す準備をしているので、悪い方向にいくことがセットされてしまっています。つまり「悪い方向を実現します」と潜在意識が宣告しているようなものです。

 

悪い方向をあえて実行する

悪いプログラムが発動している時は、自分で体感して悪いリズムをどんどん作っていき、マイナスのスパイラルにはまりそうになっています。それを少しでも脱却するために、悪い予感をあえて実行してしまうという方法があります。

 

例えば野球のバッティングで上手くいかない時、良いイメージで素振りをしてもまったくダメなので、わざと悪い素振りをして、悪い状態を先に処理してしまうのです。

 

悪い予感を頭の中でイメージ処理して、先に達成させてしまう事で、マイナスプログラムを落ち着かせるわけです。そしてそのあとは必ずリズム呼吸をします。

 

自分のメンタルの状態をいつも把握しておく

 

自分の現在のリズム状態が「山の状態なのか、谷の状態なのか」をいつも把握しておくと、悪い予感が「プラスシステムなのか、マイナスシステムなのか」という見分けも、分かりやすくなります。

 

谷の時期なら悪い方に行く前兆の事が多いので、気をつけなくてはいけませんが、変に怖がったりせずに、リズム呼吸などで自分のリズムを整えていきましょう。

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

アンパンマンから学ぶ思考と生き方
みんなのヒーローであるアンパンマンから思考と生き方について考察してみました。アンパンマンの考え方や生き方を何かしらの参考にしてみてください。
ばいきんまんから学ぶ思考と生き方
誰もが知っているアンパンマンの宿敵ばいきんまんの思考や生き方などを考察してみました。ばいきんまんの生き様や考え方など、何かしらのヒントにしてみてください(笑)
マインドコントロールの概要と心理、方法、解放について
人が人を人間の心理を巧みに使って操作していくマインドコントロールについての概要や方法、またその解放の方法について解説しています。
脳には行動を自動化する機能がついている
脳の機能はまだ完全には解明されていませんが、時に自動化して物事に対応している場合があります。脳の自動化についてまとめてみました。
想像、空想、幻想、妄想、夢想、理想の違いってなんだろう?
想像、空想、幻想、妄想、夢想、理想のそれぞれの違いや意味についてまとめてみました。
ごみ屋敷を築き上げてしまう思考とは?
ニュースでも度々取り上げられるごみ屋敷ですが、一体なぜゴミを集めてきてしまうのかどういう思考状態となっているのかについてまとめています。
思考障害(精神障害)とはどういったものなの?
思考障害、別目精神障害とは一体どういった疾患なのでしょうか。誰にでも起こりうる精神障害についての知識についてまとめています。
自閉症というのはどのような脳の障害なのか?
発達障害の一つである「自閉症」とはどのような脳の障害がある病気なのかについてまとめています。
犯罪を起こしやすい性格がある!?
犯罪を起こしやすい性格というのが研究結果で明らかにされています。犯罪を起こしやすい性格とは一体どんな性格なのでしょうか?
自分の嘘を信じてしまう病的虚言症と自己顕示欲の強い演技性人格障害
自分がついている嘘が、次第に真実だと思いこんでしまう病的虚言症、詐欺犯に多く、自己顕示欲の強い人がなりやすい演技性人格障害についてまとめています。
運の良い人と運の悪い人の違いってなんだろう?
世の中には「運の良い人」「運の悪い人」というのがいます、なぜこのような運の良し悪しがあるのでしょうか?この2者の違いについて考察しています。
良い言葉を言うと良い運気が訪れる
良い言葉を言うと良い事が起こり、悪い言葉を言うと悪い事が起きるというのは、昔から言われていますが、そこにはちゃんとした理由があるのです。
感情はあなたの「見方」と「あり方」で変化する
様々な問題に直面した時、多くの場合において「外に原因がある」と思いがちですが、実は自身の内側に問題がある事がほとんどです。一体どういう事なのでしょうか?
他人の影響を敏感に強く感じてしまうHSPとは?
他人の影響をいつも敏感に、強く感じ取ってしまい、社会で生きづらい人という方達がいます。最近の研究で障害の一つとされるHSPとは、一体どんな症状なのでしょうか。
パワースポットの選び方
パワースポットに行ってパワーを感じたいという人が増えていますが、どこでも良いというわけではありません。自分に合うパワースポットを見つける事が大事です。自分に合ったパワースポットの選び方とは・・・。
幸せ脳、成功脳を作るには脳の思い込みを利用する
幸せ脳・成功脳を作るには、脳の「思い込み」を利用することです。そのためには脳に良い事をどんどん行い脳の神経回路を刺激する必要があります。
世の中での評価はプロセスは無意味。勝ち得た結果が全て
この世の中で評価を得るためには、必ず勝ち負けが存在し、また「結果が全て」という非常にシンプルなルールに沿っています。夢や目標を実現するためには、知っておくべき社会のルールです。
脳は死ぬまで成長を続けるからどんどん鍛えるべし!
まだ未知の部分も多い「脳」ですが、脳を鍛えて本当の意味での頭の良い人になるためには、正しい方法で脳を鍛えてどんどん成長させていきましょう。
脳をシャープにするためのプチ雑学
知っておいて損はない、脳に関するちょっとした雑学です。