スポンサーリンク

言葉の影響力は計り知れないもの

 

日本には言霊(ことだま)というのがあります。「言葉には魂(言霊)があって、言葉の響きは物事を動かす力がある」と大昔から言い伝えられており、自分が発した言葉が、相手を幸せにする事も不幸にする事もでき、また良い言葉であれば良い事が、悪い言葉であれば悪い事が、自分にそのまま返ってくるということです。

 

このように言葉には力があると考えられている事から、現代においても縁起の良い言葉、縁起の悪い言葉、おまじない、呪文というようなものも存在するわけです。

 

言霊というのは、いわゆる思考の現実化と同じと思っていただいて構いません。言葉というのは、思考した事を表現するものであるからです。そして良い事も悪い事も自分に返ってくるというのは、まさに思考は現実化するという部分なわけです。

 

つまり昔から「思考は現実化する」というのを体感してきているということです。

 

 

言葉の「音」は潜在意識に影響を与える

 

潜在意識で思考されている事は、良くも悪くも現実化していくという性質を持っており、言葉からもその影響を受けています。

 

言葉には「音(いん)」というのがあり、良い言葉には良い音の響き、悪い言葉には悪い音の響きがあります。潜在意識は、この言葉の音の響きに強い影響を受けており、良い響きを受ければ潜在意識も良くなり、悪い響きを受ければ潜在意識も悪くなります。なので夢や理想をただ願うだけよりも、言葉に発した方が良いと言われるのは、この理由がある為です。

 

それだけ「言葉の影響力」というものは大きいのです。

 

愚痴や悪口はストレス発散にはなっていない

 

誰でもストレスが溜まれば、ストレス発散のために愚痴や、誰かの悪口を言いたくなる時があります。でも実は愚痴や悪口を言っても、何一つストレス発散にはなっていません。

 

その時は確かにスカッとする事もありますが、でもそのあと、本当に前向きな気持ちになっているでしょうか?何となく、どんよりした心のままではありませんか?

 

結局、愚痴や悪口を言ったところで何も解決はしませんし、ますます嫌な気持ちになり、嫌なしこりをただ引きずってしまっているだけなんです。

 

 

自分にマイナスとなる言葉を言っていませんか?

 

私たちは普段、発している言葉をあまり大切にはしていません。もちろん他人としゃべる時には相手の事を気遣い、言葉を選んで話したりもします。

 

しかし日常生活の中で意識せずに、独り言のような言葉を発している時はどうでしょうか?多くの人はマイナスになるような言葉を、自分に向けて言っています。

 

マイナスの言葉とは「ムカつく」とか「ぶっ殺してやる」とか「いなくなればいいのに」というような、あからさまに悪いという類の言葉だけではありません。

 

自己否定な言葉は潜在意識に強く入っていく

「自分はどうしてダメなんだ」「なんで上手くいかないんだろ」「自信ないな」「運が無いな」などの自己否定的な言葉や、「あの人はいいなぁ、うらやましいな」というようなうらやむ言葉などもマイナスの言葉であり、日常的につい思ってしまう気持ちを、ポロッと声に出してしまっていませんか?

 

こんなマイナスな事を毎日発していれば、潜在意識もどんどんマイナスになり、それにふさわしい現実が必ず訪れます。ですから最悪、心で思ってしまっても、絶対に口に出していってはいけないんです。もちろん心でも思わないようにするのが一番良い事なのですが・・・。

 

言葉に出してしまう事によって、暗黒面に落ちそうな潜在意識を、さらに追いこんでしまう事になります。ですから絶対にマイナスな言葉を言わないようにしましょう。

 

まずは「ありがとう」から始める

 

誰でも明るい言葉を言えば、心も明るくなり気分も良くなります。でもむやみやたらに良い言葉を発しても、それはあまり意味がありません。なぜならそこに心が無いからです。大事なのは心に思った良い言葉を発するという事。

 

そしてそれが一番素直に現れるのが、「ありがとう」という言葉なんです。

 

「ありがとう」という言葉は、相手に感謝の気持ちを伝える言葉であり、言う方も言われる方も、決して嫌な気持ちにはなりません。例え喧嘩をしている最中であっても、「ありがとう」と言ったり言われたりすれば、心がホッとします。

 

それだけ「ありがとう」という言葉にはプラスパワーがあるという事です。毎日の生活で、「ありがとう」と言う機会はたくさんあります。「え〜そんなの無いよ」とは思わず、ほんの少し意識してみましょう。

 

良い言葉を習慣づけていくことで、潜在意識も劇的に変わっていきます。そうすれば意識せずとも、良い言葉を自然と発するようになり、悪い言葉は言わなくなります。

 


 

スポンサーリンク