スポンサーリンク

運の良い人って運命的に決まっているものなの?

 

世の中には「良い事ばかりが起こる運の良い人」や「何をやってもダメな運の悪い人」というのがいます。また、自分自身の事を「運が良い」「運が悪い」と、出来事に合わせてその都度、当てはめたりしているという人もいるのではないでしょうか?

 

そもそも生まれた時に、「運の良い人・悪い人」という風に決められた人は存在しません。誰でも自分の人生を、自分の望み通りの方向へ持っていく事ができ、「運」というものも、自分で招きよせることが出来るものなのです。

 

しかし何の問題も無く物事がトントン拍子に運ぶ人もいれば、トラブルに巻き込まれやすく、中々思い通りに事が運ばない人というのは実際に存在します。多くの場合、努力をしている事に変わりはないのに、このような違いが出てしまうのは一体なぜなのでしょう?そこには理由がありました。

 

 

運の良し悪しを決定づけるのはプラスとマイナスのパワー

 

物事を上手くいかせる秘訣を一言で言うと、「プラス思考」である事です。「なんだ、またプラス思考の話か」と思った方もいると思いますが、このプラス思考というのは本当に凄い力を持っており、プラス思考でいる事によって生まれる力を「プラスパワー」と呼んだりもしますが、このプラスパワーを生活の中で上手に活用していけば、いわゆる「運の良い人」になれるわけです。

 

成功をした人、またその成功を継続しているという人など、皆さんいずれもプラス思考の持ち主であり、プラスパワーを上手に活用しています。それほどまでにプラス思考というのは大きな力を持ち、自分の思い通りの生活を実現できるかを左右するものなんです。

 

運が悪いのはマイナスパワーが働いている

運の良い人、運の悪い人をそれぞれ見てみると、とても分かりやすい特徴があります。運の良い人というのは、前向きで明るく、不満や愚痴も言わず、誰からも好かれるような性格です。一方で運の悪い人というのは、後ろ向きで暗く、不満や愚痴をよく言う、人当たりもあまり良くない性格です。

 

これらの特徴は、その人がプラス思考であるのか、マイナス思考であるのかを表しており、運が無い人というのは、決まってマイナス思考なんです。つまりプラス思考でいればプラスパワーがどんどん生まれ、マイナス思考でいればマイナスパワーがどんどん生まれます。これらが自分を運の良い人、悪い人にするかを操作しているわけです。

 

 

プラス思考なのに上手くいかないのはなぜ?

 

「プラス思考」や「ポジティブシンキング」などの考え方は、現代では当たり前のように認知され、実際に実践している人もいますが、多くの人は、中々上手くいっていないのが現状です。

 

プラス思考でいるのに上手くいかないという場合、「偽りのプラス思考」であったり、プラス思考でいる事での「プラス効果を実は疑っている」という事があります。このような状態では思うような効果が発揮されません。またプラスパワーを、普段の生活で上手に応用できていないという事もあります。

 

本物のプラス思考であれば、自分の望みを実現させる決め手であり、自分の身の周りに起こる事柄を、一変させることが出来る力を持っています。

 

潜在意識からプラス思考でいること

 

人間は元々、運の良し悪しなどは決まっていません。全ては本人の思考が、どちらに進むのかを決めているわけです。人は思考をして行動をしていきますが、その思考は顕在意識よりも無意識下、つまり潜在意識での影響力が非常に強く、潜在意識での思考が、運の良し悪しを左右しているわけです。

 

潜在意識がマイナス思考でいると、マイナスとなる行動を取ってしまい、これに比例してマイナスパワーもどんどん膨れ上がっていきます。これが不運な事を招き、運が悪い人となってしまいます。

 

逆に潜在意識がプラス思考でいると、必然的にプラスとなる行動を取り、それに合わせてプラスパワーもどんどん膨れ上がっていき、何をやっても上手くいくという運の良い人となるわけです。

 

つまり本物のプラス思考というのは、潜在意識もプラス思考でいる事なんです。これらを信じるか信じないかは、あなた次第(笑)ですが、「今までの自分は運が良くない」と思うのなら、「夢や願望を実現するための「プラス思考トレーニング」」という記事を参考にしてみてください♪

 


 

スポンサーリンク