アンパンマンから学ぶ思考と生き方について

スポンサーリンク

アンパンマンから学ぶ思考

 

アンパンマンは、誰もが知っているアンパンで出来た正義の味方です。
一般的な正義のヒーローとは違い、助けに行ったはずなのにしょっちゅうやられて、むしろ助けてもらう事も多い「世界最弱のヒーロー」です。

 

 

アンパンマンはどういう人物?

 

アンパンマンの出生は、ジャムおじさんが作ったあんパンの種に、空から降ってきた「いのちの星」が宿り誕生しました。この際に「ぼく、アンパンマンでちゅ」と自ら名乗り、それ以降アンパンマンとなっています。また生まれた当初は、ベビー服に小さなマントを着用していました。

 

アンパンマンは、ばいきんまんの自分主義の精神とは異なり、自己犠牲の精神を持っており、ばいきんまんとは正反対の位置にいます。そのため両者の間には、「光と影」や「プラスとマイナス」のような関係であり、どちらか片方だけでは、その存在理由はないと言われています。

 

アンパンマンは普通とはちょっと違うヒーロー

アンパンマンはヒーローという割には非常に弱く、ちょっとでも顔が汚れたりするだけで力が抜けてしまうため、助けに行ったのに逆に助けられる場面も多々あり、何とも頼りのない一面を持っています。

 

しかしアンパンマンは、世間一般的な「正義で強くて悪者をやっつける」という力が強くて戦うヒーローではなく、「自分はどうなってもいいから、困っている人を助けていく」という心の強いヒーローなので戦闘タイプではありません。

 

また、ばいきんまんとは永遠に戦う宿命にありますが、ばいきんまんの事を決して嫌っているわけでも憎んでいるわけでもありません。

 

むしろいつも仲良くしたいと思っているんです。ただみんなに迷惑をかけている時のばいきんまんに、厳しいだけの事なんです。

 

ですからアンパンマンの必殺技である「アンパンチ」も殺傷能力はありません。
ちなみにアンパンマンは「自身を差し出す役目」であるため、アンパンマン自身が食事をする事はありません。

 

アンパンマンの性格

 

アンパンマンの性格は誰にでも優しくお人好しで、「この世界に住んでいる人みんなが好き」という、平和を象徴するような性格で、誰かを嫌いになるという概念はありません。とても礼儀正しく、少し頑固な一面も持っています。

 

またあまりの純粋さに、ばいきんまんの変装を見破る事が出来ず、ばいきんまんの罠を回避する事も出来ません。優しい性格がゆえに弱い者を庇いますが、結果的にそれが甘やかしに繋がってしまう所もあり、そこはジャムおじさんにも指摘され、アンパンマンの短所となっています。

 

アンパンマンの思考

 

アンパンマンは、ばいきんまんとは違って何かを開発したりする思考はありません。アンパンマンの頭の中では常に、「困っている人を助けてあげたい」という事しか考えておらず、柔軟な発想や、物事を効率的に考える思考はあまり見受けられず、目や耳から入ってきた情報に対して本能で動くというような行動をします。

 

さらに顔が汚れてピンチになった時には、自分で何とかしようとはせず、必ず「ジャムおじさんに知らせて」と助けを乞います。ですので自分でピンチをチャンスに変える大逆転思考法も持ち合わせていません。

 

またアンパンマンには固定観念や先入観といったものもありません。

 

アンパンマンから学ぶ思考や生き方 まとめ

 

アンパンマンは常に「困っている人を助けたい」としか考えておらず、ばいきんまんのように自分の欲求も持っておらず、常にみんなが仲良く助け合って、平和であればそれで満足なんです。

 

空腹の人に顔の一部を与えることで、力が半減すると分かっていても、目の前の人を見捨てることは絶対にしません。例えどんな敵が相手でも恐れることもありません。

 

アンパンマンは自身に弱点も非常に多く、顔が水に濡れり汚れただけでもすぐに弱まってしまうほどですが、そんな自身の弱い部分も隠すことなく、己の信念のために日々生活しています。

 

私たち現実の世界において、アンパンマンのような大人や子供はいません。正義のヒーローとしてアンパンマンに憧れる子供は多くいますが、大人にとってアンパンマンを見るのは苦しいと感じる人もいます。それはアンパンマンのあまりにも「キレイすぎる心」が重く感じてしまうからです。

 

 

アンパンマンのような考えや心が大事だという事が解っていても、それを目指し実現していくことはとても困難です。それだけ大人は、心が汚れてしまっているとも言えますが・・・。

 

だからこそアンパンマンは、永遠の理想の象徴なんです。アンパンマンになる事は無理でも、アンパンマンのような一面を持つことは誰にでも可能です。

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

ばいきんまんから学ぶ思考と生き方
誰もが知っているアンパンマンの宿敵ばいきんまんの思考や生き方などを考察してみました。ばいきんまんの生き様や考え方など、何かしらのヒントにしてみてください(笑)
マインドコントロールの概要と心理、方法、解放について
人が人を人間の心理を巧みに使って操作していくマインドコントロールについての概要や方法、またその解放の方法について解説しています。
脳には行動を自動化する機能がついている
脳の機能はまだ完全には解明されていませんが、時に自動化して物事に対応している場合があります。脳の自動化についてまとめてみました。
想像、空想、幻想、妄想、夢想、理想の違いってなんだろう?
想像、空想、幻想、妄想、夢想、理想のそれぞれの違いや意味についてまとめてみました。
ごみ屋敷を築き上げてしまう思考とは?
ニュースでも度々取り上げられるごみ屋敷ですが、一体なぜゴミを集めてきてしまうのかどういう思考状態となっているのかについてまとめています。
思考障害(精神障害)とはどういったものなの?
思考障害、別目精神障害とは一体どういった疾患なのでしょうか。誰にでも起こりうる精神障害についての知識についてまとめています。
自閉症というのはどのような脳の障害なのか?
発達障害の一つである「自閉症」とはどのような脳の障害がある病気なのかについてまとめています。
犯罪を起こしやすい性格がある!?
犯罪を起こしやすい性格というのが研究結果で明らかにされています。犯罪を起こしやすい性格とは一体どんな性格なのでしょうか?
自分の嘘を信じてしまう病的虚言症と自己顕示欲の強い演技性人格障害
自分がついている嘘が、次第に真実だと思いこんでしまう病的虚言症、詐欺犯に多く、自己顕示欲の強い人がなりやすい演技性人格障害についてまとめています。
運の良い人と運の悪い人の違いってなんだろう?
世の中には「運の良い人」「運の悪い人」というのがいます、なぜこのような運の良し悪しがあるのでしょうか?この2者の違いについて考察しています。
良い言葉を言うと良い運気が訪れる
良い言葉を言うと良い事が起こり、悪い言葉を言うと悪い事が起きるというのは、昔から言われていますが、そこにはちゃんとした理由があるのです。
悪い予感のシグナルは素直に受け取ろう
悪い予感には2種類あり、いずれも潜在意識が教えてくれているものです。ただし、悪い予感がした時の対処法はそれぞれ異なるので、自分の状態を日頃から良く知っておかなくてはいけません。
感情はあなたの「見方」と「あり方」で変化する
様々な問題に直面した時、多くの場合において「外に原因がある」と思いがちですが、実は自身の内側に問題がある事がほとんどです。一体どういう事なのでしょうか?
他人の影響を敏感に強く感じてしまうHSPとは?
他人の影響をいつも敏感に、強く感じ取ってしまい、社会で生きづらい人という方達がいます。最近の研究で障害の一つとされるHSPとは、一体どんな症状なのでしょうか。
パワースポットの選び方
パワースポットに行ってパワーを感じたいという人が増えていますが、どこでも良いというわけではありません。自分に合うパワースポットを見つける事が大事です。自分に合ったパワースポットの選び方とは・・・。
幸せ脳、成功脳を作るには脳の思い込みを利用する
幸せ脳・成功脳を作るには、脳の「思い込み」を利用することです。そのためには脳に良い事をどんどん行い脳の神経回路を刺激する必要があります。
世の中での評価はプロセスは無意味。勝ち得た結果が全て
この世の中で評価を得るためには、必ず勝ち負けが存在し、また「結果が全て」という非常にシンプルなルールに沿っています。夢や目標を実現するためには、知っておくべき社会のルールです。
脳は死ぬまで成長を続けるからどんどん鍛えるべし!
まだ未知の部分も多い「脳」ですが、脳を鍛えて本当の意味での頭の良い人になるためには、正しい方法で脳を鍛えてどんどん成長させていきましょう。